Rakuten infoseek

辞書

シャルル[10世]【シャルル】

世界大百科事典 第2版

シャルル[10世]【Charles X】
1757‐1836
フランス国王。在位1824‐30年。ルイ16世,ルイ18世の弟。即位前はアルトア伯という。王政復古期に旧体制への復帰をめざす王党派の中心となったことで知られる。1789年フランス革命が始まると同時に国外に亡命。91年のピルニッツ宣言に荷担し,亡命貴族を率いてバンデ地方の王党派反乱(バンデの反乱)の支援に出発するが失敗する(1795)。1814年王政復古でフランスに帰り,とくに翌15年からルイ18世の欽定した〈憲章〉に反対し,過激王党派ultrasの首領となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

シャルル[10世]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シャルル[10世]の関連情報

関連キーワード

ウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たちルイアルペッジョーネマクドナルドマクレービルマ戦争グアダルペ・ビクトリアパーマーレオポルト2世[トスカナ大公]

他サービスで検索

「シャルル[10世]」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.