Rakuten infoseek

辞書

シャノン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シャノン
Shannon, Claude Elwood
[生]1916.4.30. ミシガンゲイロード
[没]2001.2.24. マサチューセッツ,メドフォード
アメリカの応用数学者。ミシガン大学で電気工学と数学を学び,マサチューセッツ工科大学の大学院で電気回路理論を研究。 1941年より 57年までベル電話研究所に勤め,48年同僚の W.ウィーバーと共著で『コミュニケーションの数学的理論』を発表した。この本のなかで彼は,エントロピーの概念を使って情報量を定義し,現代の情報理論の基礎を築いた。 57年よりマサチューセッツ工科大学技術研究所教授。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シャノン(Claude Elwood Shannon)
[1916~2001]米国の電気工学者・数学者。マサチューセッツ工科大教授。「通信の数学的理論」で情報伝送の数学的処理を体系化し、情報理論の創始者となる。情報量の単位ビットの概念を導入したことでも知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シャノン【Claude Elwood Shannon】
1916‐2001
アメリカの応用数学者。通信理論を一般化して情報理論をつくり上げた。ミシガン州ゲーロードに生まれ,ミシガン大学を卒業した。1940年にマサチューセッツ工科大学で数学の博士号を取得し,翌年からベル電話研究所に勤めた。57年にマサチューセッツ工科大学教授となった。1948年に発表した論文《通信の数学的理論》により情報理論を開いた。彼は,熱力学における無秩序の度合であるエントロピーを援用して,情報源に存在する不確実さの度合をエントロピーと呼んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

シャノン【Claude Elwood Shannon】
1916~2001) アメリカの数学者。情報理論の創始者。情報伝送の数学的処理を体系化し、種々の基礎概念、基本命題を確立。情報量の単位として用いられるビット(bit)も彼が導入したもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャノン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シャノンの関連情報

関連キーワード

第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネットイースター蜂起牧野省三ブロッホフサインアロー号ブロッホフランツ・ヨーゼフ1世

他サービスで検索

「シャノン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.