Rakuten infoseek

辞書

シャツ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シャツ
shirt
男女ともに上半身に着る洋服の一つ。アンダーシャツと呼ばれる肌着としてのシャツ,ワイシャツブラウスのような上衣の下に着るシャツ,カッターシャツなどのような上としてのシャツに分けられる。素材としては,おもに木綿などのような吸湿性にすぐれ,洗濯に耐えられるものが用いられるが,保温を目的としたものには毛織物も用いられる。しかし現在服装の簡略化に伴い,シャツは多目的に着用され,素材も形態も多様化している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シャツ【shirt】
上半身に着る衣服で,肌着,肌着と上着の間に着る中着,上着の3種類のシャツがある。シャツの歴史はその性格から衣服の発生にまでさかのぼる。しかし現代的な意味でのシャツが成立したのは,ルネサンス期からの上着の装飾としてのシャツ,18世紀からの南イタリアや南ヨーロッパなど温暖な地方での,家庭着や戸外労働着として男女に用いられたシャツからと考えられる。19世紀までは,人まえでは絶対に上着を脱がないのが紳士のエチケットであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

シャツ【shirt】
上半身に着る洋風の下着。
中衣として着る襟とカフスのついた衣服。普通ワイシャツをいうが、開襟かいきんシャツ・ポロ-シャツなどをもいう。 〔「襯衣」とも書く〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シャツ
しゃつ
shirt
シャツは、大別すると次の二つの意味になる。(1)上半身につける肌着、下着類。(2)襟、袖(そで)がついた、前あきの上半身に着用する上衣。(2)の代表的なものは、男子のワイシャツ、女子のシャツウエストshirtwaist(ブラウス)などであるが、これから発展したスポーツシャツや遊び着としてデザインされたさまざまの上半身用衣服がある。さらに英語では、男子用寝巻であるナイトシャツnightshirtの意味もある。この多元性は、シャツの発展過程に起因している。
 シャツの起源は古く古代オリエントにまでさかのぼる。なかでもアッシリアの、肌にぴったりとしたウール製のシャツはその典型を示している。また古代エジプトの、二枚重ねで着たチュニックの下側のものにその起源を求める説もある。古代ギリシア・ローマなどでは、内着と外着とを兼ねた1枚のチュニックが下着の役割を果たしていた。中世になり重ね着がおこると、独立した麻製の緩やかなシャツが登場し、内着と外着との概念が明確になった。中世のシャツは非常にシンプルな外形、大きな襟ぐりの亜麻(あま)製であった。その後、シャツは絶えず服の外形に呼応しながら変化し、中着としてのシャツが外着を引き立てるための重要な要素をもつものとして現れた。また、下層階級では、シャツ自体が外着化して、スモックsmockやブラウスblouseと混交していく傾向がみられた。
 男子服が現代の形に近づく18世紀には、襟元や袖口の装飾が華麗になり、中衣としてのシャツにはレース、リボン、フリル、刺しゅうがふんだんに使われた。19世紀になると、男子服はほぼ現代の様式となり、簡素で清潔な襟元へと変化したが、シャツのプラストロンplastron(シャツの胸の部分)、カフス、カラーは取り外し可能なものであり、現代のワイシャツの形として整うのは20世紀初期である。
 女子のシャツウエスト(ブラウス)は19世紀以降、男子服の影響を受けたテーラード・スーツが着用されるようになるとともに現れた。19世紀末期のギブソン・ガールGibson girlは、そのシャツウエストとカンカン帽で知られている。
 20世紀の衣服の多様化、カジュアル化の傾向は、シャツについてのイメージをさらに広範なものとした。また、スポーツウエアの日常着化も、この傾向にいっそう拍車をかけている。スポーツシャツや遊び着としてデザインされ、さまざまな生地(きじ)を用いてつくられるシャツは、かつてない広い範囲のものまでを含むようになった。シャツの外衣化傾向も著しい。今日では、シャツ的上着、ジャケット的なシャツなどが容認されようとしており、かつての肌着であったTシャツは、すでに外衣として受け入れられている。
 なお、フランス語では、シュミーズchemiseがシャツに呼応する語である。[深井晃子]
『セシル・サンローラン著、深井晃子訳『女性下着の歴史』(1989・エディション・ワコール) ▽Yarwood Encyclopedia of World Costume(1978, Anchor Press, London)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャツ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シャツの関連情報

他サービスで検索

「シャツ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.