Rakuten infoseek

辞書

シテ(能)

能楽事典

シテ(能)
主役。仕手、為手などの字を当て、演技する人をさしていました。
前後二場から成る能では、前シテ、後シテと呼び分けます。多くの曲は、前シテが里人など仮の姿で現れ後シテで本性を現すものですが、前後で別人格を演ずる曲もあります。

出典:社団法人能楽協会

シテ(能)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シテ(能)の関連情報

他サービスで検索

「シテ(能)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.