Rakuten infoseek

辞書

シエナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シエナ
Siena
イタリア中西部,トスカナ州シエナ県の県都。フィレンツェ南方約 50kmに位置する。三つの丘の上につくられたローマ時代からの集落。中世には都市国家としてフィレンツェと覇を競い,13~15世紀には絵画の一派シエナ派の本拠であった。城壁に囲まれた旧市街は煉瓦や石でつくられた中世の町並みがそのまま残り,1995年世界遺産の文化遺産に登録。ロマネスク・ゴシック様式やルネサンス期の聖堂が多数あり,いずれも絵画を所蔵する。多色の大理石を使ったシエナ大聖堂は,イタリアのゴシック建築のなかで最も美しいものの一つといわれる。美しいカンポ広場で行なわれる競馬パリオは中世に起源をもち,華やかな祭りとして多くの観光客を集める。 14世紀最大の神秘家といわれる聖女カタリナ (1347~80) の生地としても知られる。農業地帯の中心都市で,農産物の集散,加工にあたり,特にワインは「キャンティ」の銘柄で有名。大理石の産出も多い。化学工業,農業機械の生産,家具製造なども行なわれる。人口5万 6969 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シエナ(Siena)
イタリア中部、トスカーナ地方の古都。観光地。シエナ大聖堂プブリコ宮殿などがあり、1995年「シエナ歴史地区」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報

シエナ
トスカーナの田園風景のなかに、浮かび上がるように現れる世界遺産の街、シエナ。歴史は、フィレンツェより古く、メディチ家の傘下に入るまではトスカーナの都でした。3つの丘に広がるシエナの町は城壁で囲まれ、中心には貝殻型をした世界一美しい広場といわれる「カンポ広場」があります。広場を見下ろすように、高さ102mの塔をもつゴシック建築の傑作プッブリコ宮がそびえ、塔の上からの眺めは最高です。一歩足を踏み入れるとレンガ色をした中世の街並みが良く保存されており、とても雰囲気の良い街であるために、いつも観光客でにぎわっています。

出典:KNT近畿日本ツーリスト(株)

世界大百科事典 第2版

シエナ【Siena】
イタリア中部,トスカナ州にある中世・ルネサンス期に栄えた都市。同名県の県都。標高322mの丘陵上にあり,周囲の農業地帯の中心で,観光都市となっている。人口5万7745(1990)。古代ローマの植民市であったシエナは,ランゴバルド,フランク時代に伯領を形成し,11世紀に司教の統治下に都市部でコムーネの形態が現れ,12世紀半ばに完全なコムーネとなった。12世紀末,皇帝派(ギベリン)が市政を掌握し,教皇派(ゲルフ)のフィレンツェと衝突した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

シエナ【Siena】
イタリア中部、トスカナ地方の古都。古い教会・宮殿が多い観光地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シエナ
しえな
Siena
イタリア中部、トスカナ州シエナ県の県都。人口4万8844(2001国勢調査速報値)。カッシア街道沿いの標高322メートルの丘上に位置する古都で、貝の形をした独創的なカンポ広場、現在市庁舎となっているプブリコ宮殿(パラッツォ・プブリコ)、大聖堂などがあり、とりわけ12~14世紀の繁栄ぶりを今日に伝えている。しかし幹線鉄道から離れ、伝統的な折半小作制地帯に位置したため、近代化の過程では大きく遅れをとった。ぶどう酒、小麦粉、菓子などが生産されるが、市の経済を基本的に支えているのは、商業、観光業、大学と、この地を拠点とするシエナ牧畜銀行の活動である。年2回、パリオとよばれる伝統的な競馬が催される。なお、1995年にシエナの歴史地区は世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[堺 憲一]

歴史

帝政ローマ時代に発達し、12世紀前半に自由都市となった。以来、大商人、銀行家が輩出し、富を蓄積するが、隣国フィレンツェとの宿命的確執が始まる。13世紀なかばより、大商人の少数独裁体制が倒れた1355年までが最盛期であり、大聖堂、市庁舎などが建設され、シモーネ・マルティーニなどの芸術家が活躍した。しかし以後は政治的に不安定で、1554年スペインの支配下に入り、59年メディチ家に譲渡されてトスカナ大公国に併合された。[在里寛司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シエナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シエナの関連情報

他サービスで検索

「シエナ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.