Rakuten infoseek

辞書

サーンキヤ学派【サーンキヤがくは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サーンキヤ学派
サーンキヤがくは
Sāṃkhya
インドの正統六派哲学の一つ。バラモン教の六派哲学のなかでは起源が最も古いといわれる。ウパニシャッドの伝統的一元論に対し二元論を立てた。1つは精神的原理としての純粋精神でプルシャ puruṣaと呼ばれ,他は物質的原理としての根本原質でプラクリティ prakṛtiと呼ばれる。純粋精神はそれ自体で活動することなく,ただ根本原質を観照するだけである。これに対し根本原質は物質的展開の質料因で,3つの構成要素 triguṇaが平衡状態を失ったときに活動を開始する。物質的諸現象は,これから派生する 25の原理で説明される。開祖カピラと伝えられる。現存する最古原典は,イーシュバラクリシュナの『サーンキヤ・カーリカー』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サーンキヤ‐がくは【サーンキヤ学派】
《〈〉Sāṃkhyaは「僧佉(そうぎゃ)」と音写》インド六派哲学の一。開祖は迦毘羅仙(かびらせん)(カピラ)。精神的原理である神我と物質原理である自性の二元論によって世界の生成・転変を説明し、物質から離れた神我を自覚することで解脱を得ると説く。数論(すろん)学派。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サーンキヤがくは【サーンキヤ学派】
インドの正統バラモン系統の,いわゆる六派哲学の一つ。サンスクリットのサーンキヤSāṃkhyaは〈僧佉(そうぎや)〉と音写され,〈数論〉と訳される。このため数論学派とも呼ばれる。世界の原理として精神的原理と物質的原理の二つをたて,二元論の哲学を展開する。その出発点は人間存在を苦と見るところにあり,この哲学説の目的は,人間存在をとりまく苦からいかにして脱却するかにある。精神的原理はプルシャpuruṣa(漢訳で〈神我〉)と呼ばれ,純粋精神であって,知を本質とし,個我であり,原子の大きさをもち,無数に存在する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

サーンキヤがくは【サーンキヤ学派】
mkhya僧佉そうぎやと音訳
インドの正統バラモン系統の一学派。六派哲学の一。開祖はカピラ。純粋精神と根本原質の二元を立てて世界の生成を説明。人生の苦の原因を精神と原質の結合に認め、修行と智によってその結合から解放されること(解脱)を目指す。数論学派。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

サーンキヤ学派
さーんきやがくは
Skhya
インド六派哲学の一つ。漢訳では数論(すろん)。サーンキヤとは、数または熟考を意味するサンキヤーsakhyから導かれ、25原理を数えて身心と世界を説明する、または真の自己に関する熟考の意味に解される。ヨーガ学派と密接な関係がある。伝説上この学派の開祖はカピラという。この思想の特色は、純粋の霊魂を世界や身心の諸要素から区別する二元論的思考と、諸原理の列挙にある。このような思想は仏教以後の中期や後期の古ウパニシャッド(『カタ』『シュベーターシュバタラ』『マイトリ』などの書)に漸次認められ、大叙事詩『マハーバーラタ』も、長期にわたる仏教文献も種々のサーンキヤ説に言及している。仏教詩人馬鳴(めみょう)(2世紀ころ)も『仏所行讃(ぶっしょぎょうさん)』でそれに触れている。この学派の存在は、紀元前4世紀ころの『アルタ・シャーストラ』(実利論)が哲学の第一にサーンキヤをあげていることからも知られるが、多くの異説も存在した。紀元5世紀ころイーシュバラクリシュナが学説を要約した『サーンキヤ・カーリカー』(数論偈(すろんげ))は、基本的教科書となった。これには9種の注釈書が現存する。そのなかの『金七十論(きんしちじゅうろん)』は546年に中国に渡来した真諦(しんだい)によって漢訳されたもので、日本でも研究されてきた。ガウダパーダの注釈、マータラの注釈、バーチャスパティ・ミシュラ(9世紀)の注釈(『タットバ・カウムディー』)には邦訳もある。しかし重要な注釈は『ユクティディーピカー』であろう。この学派にはほかに『タットバ・サマーサ』と『サーンキヤ・スートラ』(数論経)とがあり、それぞれ数種の注釈を伴っている。前者はその成立が8世紀をさかのぼるにしても六十数語からなる小品にすぎない。後者は526の短文からなり、それに注釈を施したアニルッダ(1500年ころ)とビジュニャーナビクシュ(16世紀)の存在が、その下限年代を示す。
 この学派の哲学は、世界の生成転変を説明するとともに、人間存在の分析を通して、解脱(げだつ)の可能性を示す。まず身心や世界は物質的な根本原因から展開し、またそのなかに解消する。根本原因プラクリティから覚(かく)が生じ、覚より我慢(がまん)が生じ、我慢より一方に意と五感器官と五行為器官が生じ、他方、五微細元素が生じ、それより五粗大元素(地水火風空)が生ずる。因であるプラクリティも果である23原理もともに同質であって、純質・激質・闇質(あんしつ)の3要素からなる。この3要素の作用によって、諸原理の展開(転変)と、自然界や身心の状態が説明される。一方この因果を超越し、単にプラクリティの所産たる身心を眺める独立の霊魂プルシャ(霊我)が各自に存在する。霊我が身心とは別であることを自覚することによって死後に完全な解脱を得ると説く。[村上真完]
『山口恵照著『サーンキヤ哲学体系序説』(1964・あぽろん社) ▽山口恵照著『サーンキヤ哲学体系の展開』(1974・あぽろん社) ▽村上真完著『サーンクヤ哲学研究』(1978・春秋社) ▽村上真完著『サーンクヤの哲学』(1982・平楽寺書店) ▽本多恵著『サーンキヤ哲学研究』上下(1980、81・春秋社) ▽中村了昭著『サーンクヤ哲学の研究』(1982・大東出版社) ▽金倉圓照著『真理の月光』(1984・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーンキヤ学派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サーンキヤ学派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.