Rakuten infoseek

辞書

サーマル

デジタル大辞泉

サーマル(thermal)
熱的。熱(温度)に関するもの。
熱気泡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

サーマル
地上の局所的な熱源短時間だけ熱を放出したとき,その上方に上昇してゆく高温空気の塊[長倉ほか : 1998].熱塊ともいいう.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラグライダー用語辞典

サーマル
太陽により熱せられた地表の空気が周りの空気より軽くなることによって気泡となり生ずる上昇気流のこと。その様子は目には見えないので、巨大なシャボン玉が大空に上がっていく姿を連想して頂くと良いかもしれない。ただし、シャボン玉のような膜は存在しない。  関連用語サーマルソアリング

出典:
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

サーマル
正式社名「株式会社サーマル」。英文社名「THERMAL CO., LTD.」。機械工業。昭和38年(1963)「株式会社サーマル機器製作所」設立。同48年(1973)現在の社名に変更。本社は東京都板橋区大山東町。産業機械メーカー。工業加熱装置・金属熱処理炉の設計・製造・販売を行う。ほかに自社開発の騒音対策新素材や炭化装置の販売も手がける。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

サーマル
さーまる

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーマル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サーマルの関連情報

他サービスで検索

「サーマル」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.