Rakuten infoseek

辞書

サービス【さーびす】

知恵蔵

サービス
」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

パソコンで困ったときに開く本

サービス
パソコンの世界では、人間が受けるサービス以外に、ソフトが受けるサービスがあります。例えば、「メールサービス」は、対象が人間なら電子メールが利用できるサービスという意味です。対象がソフトだと、インターネット上にメールサーバーがあって、電子メールの送受信ができる状態になっている、という意味になります。つまり、サーバーが外部に提供する機能をサービスというわけです。
また、OSが他のソフトに提供する機能のこともサービスと呼びます。「サービスが停止中」とは、サーバーのコンピュータかプログラムが止まっている状態です。
⇨サーバー、プロバイダー

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

サービス(service)
[名](スル)
人のために力を尽くすこと。奉仕。「休日は家族にサービスする」
商売で、客をもてなすこと。また、顧客のためになされる種々の奉仕。「サービスのよい店」「アフターサービス
商売で、値引きしたり、おまけをつけたりすること。「買ってくださればサービスしますよ」
運輸・通信・商業など、物質的財貨を生産する過程以外で機能する労働。用役。役務。
サーブ1

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブランド用語集

サービス
サービスとは無形製品のことをいう。

出典:(株)トライベック・ブランド戦略研究所
(C) 2018 Tribeck Brand Strategies,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集

サービス
経済活動において顧客満足のために生産される労働用役役務など。企業が市場に提供する商品は、ほとんどがサービスも同時に提供されている。ただし、専門化・分業化が進み、サービス自体が商品ということもある。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

サービス
日本のテレビドラマ。放映は日本テレビ系列(1998年1月~3月)。全11回。脚本:野依美幸。出演:松本明子、寺脇康文、原田龍二ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サービス【service】
食料品や生産における原材料などは,費消されることによって,すなわち形状を変えたり消滅し尽くすことによって,初めて生産活動に寄与し,また消費者に満足を与える財である。これに対して,工場施設・機械等の固定資本財や土地,耐久消費財などは,摩耗・老朽化するまで長期にわたって利用可能であり,その間に消滅することはない。それでも原材料や食料などのように生産・消費活動に貢献しうるのは,これらの財が費消可能な〈無形の財〉を供給し,それが生産に用いられたり消費されたりしているとみなされるからである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

サービス【service】
スル
相手のために気を配って尽くすこと。 家庭- -精神
品物を売るとき、値引きをしたり景品をつけたりして、客の便宜を図ること。 少し-しましょう 出血大- アフター
サーブに同じ。
物質的財貨を生産する労働以外の労働。具体的には運輸・通信・教育などにかかわる労働で、第三次産業に属する。用役。役務。
英国国教会における礼拝およびそのための曲。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サービス
Service, Robert William
[生]1874.1.16. ランカシャー,プレストン
[没]1958.9.11. ランシウ
カナダの詩人。イギリスに生れ,グラスゴーの公立学校を卒業。 1894年カナダに移住し,ビクトリアのカナダ商業銀行に勤務。ユーコンのホワイトホースとドーソンに転勤し,8年間のユーコン地方滞在中に『探鉱者の歌』 Songs of a Sourdough (1907) などの詩集を出して,絶大な人気を博した。 1912~13年のバルカン戦争には『トロント・スター』紙の特派員として活躍。第1次世界大戦にはカナダ軍医療隊員として従軍し,戦争体験記を出版。 12年からヨーロッパ,おもに南フランスのリビエラに住んだ。自伝2巻のほか,『太陽を愛するものの歌』 Songs of a Sun Lover (47) など,詩集多数。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サービス
service
音楽用語。イギリス国教会において,早祷,晩祷でのカンティクルと聖餐式の歌われる部分に作曲したものをいう。早祷式にはテ・デウムとベネディクツスが,晩祷式にはマニフィカトとヌンク・ディミッティスが,聖餐式にはキリエ,サンクツスグローリアなどが用いられ,これらすべてを含むものをフル・サービスという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

サービス
〘名〙 (service)
① 物財を生産しないが、物財の運搬・配給を行なったり、金融・通信・教育・医務など物の形をとらないで、生産や消費に必要な役務を提供したりすること。交通業、商業、公務、自由業などに分けられる。
※経済における人間の復位(1968)〈都留重人〉四「財貨やサービスが、市場で価格づけされたままの姿で国民所得を構成し」
② 客に対する接し方。また、商売として客の気に入るように世話をすること。
(イ) 飲食店、役所の窓口、乗物などにおける、客のあつかい方、応対、接待のしかた。
※新版大東京案内(1929)〈今和次郎〉動く東京「各自デパートの競争も激甚で〈略〉そのサアヴィスは至れりつくせりで」
(ロ) バー、キャバレーの女給や芸者などが客を喜ばせるためにいろいろ行なうこと。また、その行為。
※舗道雑記帖(1933)〈高田保〉ボーナス擬談「いい気持でサービスされるままに」
(ハ) 給仕すること。
※京都三条通り(1935)〈田口竹男〉一「けど、お茶ぐらいサーヴィスたらいうもんしとかんと」
③ 個人的に、他の人のためにいろいろと尽くすこと。
※花冷え(1938)〈久保田万太郎〉三「あの男、何もかもほったらかしてかの女にサービスしたんださうだ」
④ 商売で、値段をひいたりおまけをつけたりして、客に利益を与えること。
※濹東綺譚(1937)〈永井荷風〉一〇「皆さん、障子張りかえの時が来ました。サービスに上等の糊を進呈」
⑤ (キリスト教で) 礼拝のこと。
⑥ =サーブ〔アルス新語辞典(1930)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サービス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サービスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.