Rakuten infoseek

辞書

サーチャージ【さーちゃーじ】

デジタル大辞泉

サーチャージ(surcharge)
割り増し料。課徴金。追加料金。
燃油サーチャージ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

留学用語集

サーチャージ
サーチャージとは、旅客、貨物輸送に際して運賃に加えて旅客、荷主に付加される諸料金のことである。燃料費の高騰、為替レートの変動など船主、航空会社の営業努力によらない価格変動要因を運賃と別建てにすることで経営リスクを回避する手段として、導入された経緯がある。航空券の価格表記にはサーチャージが含まれない事が多いため、表記金額に加えてサーチャージがいくら追加になるか、確認を行ったほうが良い。

出典:留学用語集:(株)ラストリゾート

大辞林 第三版

サーチャージ【surcharge】
一定の額にさらに加えて徴収する金銭。追加料金。割増料。
のうち、特に原油価格が高騰した際に、航空・運輸会社が通常の運賃に上乗せし、燃料高騰分の負担を利用者に求めて設定した料金。燃料サーチャージ。燃油特別付加運賃。
法外な利益や不当な価格。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

サーチャージ
さーちゃーじ
surcharge
通常のものの価格やサービス料金とは別建てで、原燃料価格の上昇などを理由に追加価格・料金を上乗せする制度。燃料費負担の大きな航空運賃などで導入されており、海外旅行商品にはパック料金とは別に燃料特別付加運賃(燃油サーチャージ、燃料サーチャージ)が加算されている。原材料が値上がりすると、商品価格が上がる場合があるが、値上げ幅はかならずしも明確に情報公開されない。サーチャージは本体の価格・料金とは峻別(しゅんべつ)し、原燃料の変動分のみが上乗せされる特徴がある。
 1990年代末ごろから始まった原油価格の上昇で、アメリカなど世界各国の航空会社が航空運賃にサーチャージを導入。日本では貨物については2001年(平成13)、旅客については2005年から採用した。原油価格が高騰する局面では、海外旅行客を大幅に減少させる一因となった。航空運賃だけでなく、トラック、フェリーなどの運賃のほか、燃料コストのかさむハウス栽培の野菜や温水プールの料金など、幅広いものやサービスでサーチャージを採用する動きが広がったが、その採否の動向は業界の構造によって違いが出ている。[矢野 武・戸崎 肇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーチャージ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サーチャージの関連情報

他サービスで検索

「サーチャージ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.