Rakuten infoseek

辞書

サン・ステファノ条約【サンステファノじょうやく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

サン・ステファノ条約
さんすてふぁのじょうやく
ロシア・トルコ戦争(1877~78)でトルコが敗れ、1878年3月、サン・ステファノSan Stefano(イスタンブール近郊の寒村。現在名はイェスィルキョイ)で調印された講和条約。この条約によってトルコは、自国の宗主権下には置くが黒海からエーゲ海に及ぶブルガリア公国の新設、およびセルビア、モンテネグロ、ルーマニアの自国からの完全独立、また黒海沿岸トルコ領の一部のロシアへの割譲、アルメニア地方におけるロシアの保護権などを承認させられた。この条約はロシアの主張を露骨に反映していたため、これを脅威とみなしたイギリス、オーストリアが強く反対した。しかしイギリスはその後ロシアとの密議でキプロス(トルコ領)の領有を認めさせた。イギリス、ロシア間の了解成立でドイツ・オーストリア・ロシア三帝同盟(1873)に亀裂(きれつ)が生じるのを恐れたドイツのビスマルクは、この問題の調停を呼びかけ、同年6月、ベルリンにロシア、トルコ、イギリス、オーストリア、フランス、イタリアの各首相を招いていわゆる「ベルリン会議」を催した。この会議ではサン・ステファノ条約が大幅に修正され、ロシアの主張が縮小される一方、イギリス、オーストリアの要求が認められた。またロシア・トルコ戦争の原因であるバルカン民族の要求は無視されたため、後の紛争の原因をつくりだす結果となった。[藤村瞬一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サン・ステファノ条約」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サン・ステファノ条約の関連情報

関連キーワード

チャイコフスキーおもなお雇い外国人エジソン(アメリカの発明家)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)東京(都)エアトン残存主権自由民権メンデンホール

他サービスで検索

「サン・ステファノ条約」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.