Rakuten infoseek

辞書

サンタ・マリア号【さんたまりあごう】

世界大百科事典 第2版

さんたまりあごう【サンタ・マリア号】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

サンタ・マリア号
さんたまりあごう
Santa Mara
1492年、西回りインド航路の発見を目ざす航海でアメリカ大陸に到達したコロンブスが座乗したスペイン(カスティーリャ)の探検船団の旗艦。僚艦としてピンタ号、ニーニャ号を率いていた。3本マスト、二層甲板、船首・船尾楼を備えた遠洋航海用のキャラベル型軽走帆船で、船体の規模には諸説があるが、一例では、全長25.6メートル、最大幅7.5メートル、船底より上甲板までの高さ3.3メートル、185容量トンであった。約50人が乗り組んだとされている。
 船団は、1492年8月3日スペイン南端のパロスを出港し、カナリア諸島を経て西進、10月12日バハマ諸島の一島(サン・サルバドル島)に到達、キューバ、ハイチ沿岸を探検ののち、翌1493年3月15日パロスに帰港した。[山本 哲]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンタ・マリア号」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サンタ・マリア号の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.