Rakuten infoseek

辞書

サンスクリット

デジタル大辞泉

サンスクリット(Sanskrit)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サンスクリット【Sanskrit】
中期インド語の総称であるプラークリット語prākṛta(〈自然の,民衆の〉)に対するsaṃskṛta,すなわち〈完成された〉雅語の意。日本では梵語ともいう。インド・ヨーロッパ語族の中のインド語派を形成し,その豊富な資料は古代ギリシア語と並んでこの語族の設定と比較言語学の成立に大きな役割を果たした。
[歴史]
 サンスクリットの古層であるベーダ語は,隣接するイラン語派に属するアベスター文献の言語に非常に近く,またこの両派話し手は自らアーリヤ人と称していたから,彼らはかつて一つの語派をなしていたと推定される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

サンスクリット【Sanskrit】
〔完成された語の意〕
インド-ヨーロッパ語族のインド語派に属する古代語。紀元前四世紀にパーニニの文典によって完成され、長く文章語・公用語として文法的に固定化されたまま文学・宗教・学術・法令などに用いられた。広義では、その古形であるベーダ語も含めていう。梵語ぼんご

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の主要言語がわかる事典

サンスクリット【サンスクリット】
Sanskrit
インドヨーロッパ語族インド語派に属する言語。「浄化・洗練・完成された」言語を意味する。その基盤にあるのはベーダ語で、紀元前1200年ごろから前200年ごろまでの神話、祭式、哲学に関する膨大な量の文献をもち、典型的な屈折語として複雑な格変化と動詞の曲用をおこなう。このベーダ語の文法を、前5~前4世紀の文法学者パーニニがまとめて規範化し、古典サンスクリットを確立させた。広い意味ではサンスクリットにベーダ語を含めるが、普通はこの古典サンスクリットをさす。その後、口語層からは完全に離れ、固定された文語・教養語としてインドの哲学、文学、宗教を伝える役割をになった。文字はデーバナーガリー文字を使う。19世紀にヨーロッパでサンスクリットとギリシア語の言語上の類似が着目され、そのことがインドヨーロッパ語族という概念や比較言語学の成立のきっかけとなった。日本語には仏典の漢訳を通して「旦那(だんな)」「伽藍(がらん)」「奈落(ならく)」などの語彙(ごい)が入っている。◇梵語(ぼんご)ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンスクリット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サンスクリットの関連情報

他サービスで検索

「サンスクリット」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.