Rakuten infoseek

辞書

サモイエド語派【サモイエドごは】

世界の主要言語がわかる事典

サモイエドごは【サモイエド語派】
北ロシアと西シベリアの北極海沿いに住むサモイエド人の言語で、北部(ネネツ語エネツ語・ガナサン語)と南部(セリクープ語カマシ語)の2つの語群からなる。ネネツ語の話者数が2万5000人で最も多く、カマシ語はすでに消滅している。これらの言語がもつ特徴から、フィンウゴル語派と並んでウラル語族を形成する語派とされる。◇英語でSamoyed。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サモイエド語派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サモイエド語派の関連情報

他サービスで検索

「サモイエド語派」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.