Rakuten infoseek

辞書

サピア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サピア
Sapir, Edward
[生]1884.1.26. ラウエンブルク
[没]1939.2.4. コネティカット,ニューヘーブン
ドイツ生れのアメリカの言語学者,人類学者。 1889年アメリカに渡り,コロンビア大学卒業。 1910年からカナダ国立博物館の人類学部門の主任となり,25年シカゴ大学,のちエール大学教授となった。 F.ボアズの影響を受け,アメリカインディアン諸語の研究から出発し,文化類型パーソナリティの研究に新しい方向を示唆し,心理学的方法との結びつきに道を開いた。特に文化の全体的類型とそれに対する個人的変化の問題に注目し,人格形成と文化類型とは相関的であることを主張して,史的言語学,比較言語学の発展に貢献した (→サピア=ウォーフの仮説 ) 。 38年人類学会会長,39年言語学会会長。主著『言語-ことばの研究序説』 Language,An Introduction to the Study of Speech (1921) 。諸論文は"Selected Writings in Language,Culture and Personality" (49) に収められている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サピア(Edward Sapir)
[1884~1939]米国の言語学者・人類学者。ドイツ生まれ。北米インディアン諸語を研究し、構造言語学基礎を築いた。「言語」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サピア【Edward Sapir】
1884‐1939
アメリカの言語学者,人類学者。ドイツに生まれ,幼時アメリカに帰化。コロンビア大学に学び,アメリカ・インディアン諸語の研究家である人類学者F.ボアズ門下となった。1931年以後イェール大学の人類学・言語学教授,アメリカ言語学会初代会長。彼の関心は言語学,人類学のみならず,文学,音楽,精神分析学など多方面にわたり,柔軟な態度で実相を看破し,それを個性ゆたかな魅力的な表現で述べた。〈音素〉という単位を心理的実在として客観的に扱い,アメリカ音素論の基礎を作り,またヨーロッパの比較言語学の方法を学び取り,これをアメリカ・インディアン諸語の研究に応用して新生面をひらいた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

サピア【Edward Sapir】
1884~1939 アメリカの言語学者。ドイツ生まれ。北米インディアン諸語の研究のほか、言語と思考の関係についての考察、文化とパーソナリティーの研究などに多大の貢献をなした。著「言語」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

サピア
さぴあ
Edward Sapir
(1884―1939)
アメリカの言語学者、人類学者。ドイツで生まれ、5歳のときアメリカに渡った。コロンビア大学に学び、カナダ国立博物館、シカゴ大学を経て、1931年エール大学の教授になった。若き日にF・ボアズに出会い、アメリカ・インディアン諸言語の記録と分析を通じて得られる新しい展望を知った。社会科学としての言語学という把握を行い、各言語は文化を離れては存在しないと考えた。言語と文化は起源的には密接な関係にあるが、言語は変化が緩やかなために、時とともにその関係は薄くなっていく傾向にあると述べて、言語形式と文化との厳密な対応関係を否定したが、その関連性を否定したのではない。また、習慣的な思考の溝としての言語記号の働きに注目するとともに、潜在的な無意識を扱うための操作的手段としての顕在的な言語記号を重視した。このことから、ことばと人格の関係についても貴重な考えを示した。言語と思考の関係についてのサピアの主張は、彼の影響を受けながら独創的な言語論を築いたB・L・ウォーフBenjamin Lee Whorf(1897―1941)の考えと類似しているため、後年の学者によって「サピア‐ウォーフの仮説」とよばれ、多くの学際的議論をよんできた。彼はまた、音声学の研究水準を高め、言語の構造と類型の探究を行い、歴史言語学、比較言語学の研究方法をも取り入れた。[有馬道子]
『エドワード・サピーア著、泉井久之助訳『言語――ことばの研究』(1957・紀伊國屋書店) ▽エドワード・サピア著、平林幹郎訳『言語・文化・パーソナリティ』(1983・北星堂書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

サピア
(Edward Sapir エドワード━) アメリカの文化人類学者、言語学者。シカゴ大学、イェール大学の教授を歴任。音声学の研究水準を高め、言語構造の体系的性質を究明した。アメリカ‐インディアン諸語の研究でも有名。主著に「言語━ことばの研究序説」。(一八八四‐一九三九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サピア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サピアの関連情報

関連キーワード

スベルドラップ(Johan Sverdrup)清仏戦争自由民権スーラ秩父事件ブルックナーウィリアムズキンダークロイツァー洪英植

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.