Rakuten infoseek

辞書

サバンナ号【サバンナごう】

世界大百科事典 第2版

サバンナごう【サバンナ号 Savanna】
(1)蒸気船として初めて大西洋を横断したアメリカの船。1818年ニューヨークで建造。長さ33m,幅7.8m,320総トン,3本マストの木造帆船だが蒸気機関も据え付けられ,煙や火の粉で帆を損傷しないために煙突の先端が曲がり,回転できるようになっていた。蒸気機関と連絡された推進用の外車は船体中央部の左右両玄に取り付けられたが,使用しないときは折り畳んで甲板上に引き上げ格納することが可能であった。19年アメリカ東岸サバンナを出港,27日と11時間を要してイギリスのリバプール港へ到着した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

サバンナ号
さばんなごう
Savannah
(1)汽船として初めて北大西洋横断に成功したアメリカの外輪蒸気船。1818年8月、ニューヨークのクロッカー・アンド・フィケット造船所で進水したシップ型帆船。全長33.5メートル、幅7.86メートル、320トンで、90指示馬力の補助機関を備えていた。外輪は外幅11メートルで、扇式に畳んで甲板に格納できた。1819年5月24日母港サバナ(サバンナ)を出帆し、29日11時間で大西洋を横断してリバプールに到着した。その間の機関使用総時間は85時間で残りは帆走によったが、初期の汽船は大部分が補助帆付きであったので、大西洋を最初に横断した汽船として認められている。
(2)アメリカ最初の原子力商船。初代サバンナ号を記念して命名された。ニューヨーク造船所で1957年起工、1962年3月完成。満載排水量2万1850トン、1万2220総トン、貨物積載量1万トン、最大搭載人員184人、全長181.5メートル、幅23.8メートルの貨客船である。原子炉はバブコック・アンド・ウィルコックス社製の加圧水型で熱出力6万9000キロワット、最大出力2万2000馬力、最大速力21ノット、補助機関による速力7ノットで、燃料交換なしに3年4か月航海できた。しかし現在では、運航費がかかりすぎるなどの問題があり、廃船となっている。1991年に国定歴史建造物に指定され、船体は修理、保管されている。[茂在寅男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サバンナ号」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サバンナ号の関連情報

他サービスで検索

「サバンナ号」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.