Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

サトラップ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サトラップ
satrap
アケメネス朝ペルシアの州総督 (長官) クシャトラパバン khshathrapāvanギリシア語の呼び名。キュロス2世領土をいくつかの州 (サトラピ) に分け,その長官に軍事,行政,徴税司法の権限を与えた。この制度はダレイオス1世のときに確立した。サトラップは州統治の最高責任者として,帝国の衰微とともに事実上独立的な権力をもつにいたった。アレクサンドロス3世 (大王) はペルシア帝国征服後,この属州機構を継承し,マケドニア,ギリシアの将軍を長官としたが,ペルシア時代のサトラップをそのまま職にとどめた場合もあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サトラップ【satrap】
ペルシア帝国の州総督の称号。サトラップの語源であるギリシア語のサトラペスsatrapēsは,〈帝国守護者〉を意味する古代イラン語クシャスラパーワンkhshathrapāvanに由来する。キュロス2世のときに征服地の管理のために置かれ,ダレイオス1世の行政改革において制度化された。ヘロドトスによればダレイオスは帝国に20州を設置したというが,その数や境界は時期によって変遷した。サトラップは王の代理として州の行政,治安,裁判をつかさどり,州民の召集軍を指揮し,定められた額の税を徴収して王に納めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

サトラップ
さとらっぷ
satrap

アケメネス朝ペルシアの属州に置かれた行政長官職。「王国の守護者」という意味の古代イラン語クシャトラパ*xšaθrapāの訛(なま)り。サトラップ制は同朝以前に始まるが、ダリウス1世(在位前522~前486)が整備確立した。普通ペルシア人王侯貴族が任命された。中央から派遣された監視官および駐在軍司令とともに中央政府に直属し、それぞれ独立した権限をもって属州を統治した。この制度は属州の支配力の分散を図ったものであるが、サトラップの権限は徴税権をはじめ強大であり、世襲化も進んだため、後期にはよく中央から離反した。サトラップの数はダリウス1世の時代には20余であったが、帝国の版図および属州の編成替えで増減した。この制度は同朝以降も長く東洋で継承された。

[奥西峻介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

サトラップ
satrap
アケメネス朝の属州に置かれた行政長官職
もとは「国土の守護者」の意。この王朝の始祖キュロス2世が全国を多くの州に分け,ダレイオス1世が各州の長官としてサトラップを置き,中央集権体制を完成。帝国が衰退すると兵権を握り事実上独立していった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サトラップ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サトラップの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.