Rakuten infoseek

辞書

サクラメント

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サクラメント
Sacramento
アメリカ合衆国,カリフォルニア州州都サンフランシスコ北東 120km,サクラメント川とアメリカン川との合流点に位置する。 1839年 J.A.サッターがニューヘルベチアの植民地を建設した。 48年の金鉱発見,ゴールド・ラッシュにより繁栄し,50年都になる。商工業の中心地で,農作物集散地サクラメントバレー農産物を利用し,缶詰,食品加工業が行われる。2本の大陸横断鉄道が通り,2本の大陸横断ハイウェーとセントラルバレー南北縦断ルートが交差する地点にあって,アメリカ西部の陸上輸送の中継地である。 1963年には,近代的な運河サンフランシスコ湾に通じ,大型汽船の通じる港となった。 65年にはノースサクラメントを合併した。街路樹ツバキが多く,「ツバキの花咲く都」として有名。カリフォルニア州立大学サクラメント校,サクラメント市立大学,クロッカー美術館,州議会,議事堂などがある。広大な水路網やフォルサム湖がレクリエーションに利用されている。人口 46万6488(2010)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サクラメント
Sacramentum; sacrament
秘跡の。内的,霊的な恩恵 invisibilis gratiaのしるしで,かつこの恩恵を与える外面的儀式ないし形式 visibilis forma。秘跡的な思想はキリスト教固有のものではないが,サクラメントといわれるときは特にキリスト教の用語を意味する。サクラメントはイエス・キリストにより定められたものとされている。ローマ・カトリック教会では,これを洗礼 baptisma,堅信 confirmatio,聖餐 eucharistia告解 poenitentia,病人塗油 unctio,叙階 ordinatio,結婚 matrimoniumの7つに分ち,秘跡は成聖の恩恵を下し,またはすでに受けた恩恵を増し,またおのおのの秘跡は,その特別な目的に相当する助力の恩恵を下すとする。東方正教会もほぼ同じ教義に立つが,機密という語で呼ばれる。一方多くのプロテスタント教会では,サクラメントは洗礼と聖餐のみを意味し,神のみ言葉としての聖書が同等に尊重され,またサクラメントもそれぞれ異なった形で象徴的に解されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サクラメント(sacrament)
キリストによって定められた神の恩恵にあずかる儀式。カトリック教会では秘跡といい、洗礼堅信聖体ゆるし病者の塗油叙階婚姻の七つ。プロテスタント諸教派では聖礼典礼典)と称し、洗礼と聖餐(せいさん)式とをいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サクラメント(Sacramento)
米国カリフォルニア州の州都。農産物の集散地。1849年のゴールドラッシュで発展。1869年に大陸横断鉄道の終点となる。近年航空宇宙産業エレクトロニクスの中心地。人口、行政区46万(2008)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サクラメント【Sacramento】
アメリカ合衆国,カリフォルニア州中部にある同州の州都。人口37万4000(1994),大都市域人口142万(1992)。サクラメント川とアメリカン川の合流点に立地し,市名はこの川に由来する。スイス人J.A.サターにより1839年コロニーが建設され,その後ゴールドラッシュ景気で町は繁栄し,54年州都となった。ポニー・エクスプレス,サクラメント川の河川交通,鉄道交通のターミナルとして大きな役割を果たした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

サクラメント【sacrament】
キリスト教の基本用語の一つ。聖書ギリシア語のミュステリオンmystērionということばがラテン語に訳されたとき,そのままラテン書きにされてミュステリウムmysteriumとされる場合もあったが,一方儀礼用語として軍隊でも使われ,法的誓約の意味を含むラテン語のサクラメントゥムsacramentumもテルトゥリアヌス(225ころ没)のころからミュステリオンの訳語として用いられ,これが後に神学用語として欧米諸語の語源となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

サクラメント【sacrament】
キリストによって定められた神の恩恵を信徒に与える儀式。ギリシャ正教では機密、ローマカトリックでは秘跡と称し、洗礼・堅信・聖餐・ゆるしの秘跡・病者の塗油・叙階・婚姻の七つの式がある。プロテスタントでは礼典または聖礼典といい、洗礼と聖餐の二儀式とするものが多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サクラメント【Sacramento】
アメリカ合衆国、カリフォルニア州の中部にある州都。米・野菜・果物などの集散地。一九世紀中頃にゴールドラッシュの中心をなした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

サクラメント
〘名〙 (sacrament) キリスト教で、神の恵みを信徒に与える重要な儀式。ギリシア・ローマ教会など、旧教では、洗礼、堅信、聖餐、告白、終油、叙階、結婚の七つの礼典をいう。新教では洗礼と聖餐のみとする。聖奠(せいてん)。秘跡。機密。サカラメント。
※鬼無鬼島(1956)〈堀田善衛〉五「サカヤとは、恐らくはサクラメント、すなわち神思を信徒に賦与する大礼であり、秘蹟、機密のことらしかった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サクラメント
(Sacramento) アメリカ合衆国カリフォルニア州の州都。一八四八年以来ゴールドラッシュの中心地として急激に発展した。サクラメント川の河港にはサンフランシスコ湾から外洋船が出入する。農畜産物の大集散地で電子産業の中心地。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

サクラメント
sacrament
キリスト教の儀式。霊魂に与えられる恩寵を見える形で表したしるし
ラテン語で軍隊の「服従の誓い」の意。カトリックでは「秘蹟 (ひせき) 」といい,洗礼・堅信・聖餐 (せいさん) ・告解・終油・叙階・結婚の7種類がある。プロテスタントでは洗礼と聖餐のみを認める。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サクラメント」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サクラメントの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.