Rakuten infoseek

辞書

サキャ派【サキャは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サキャ派
サキャは
Sa skya pa
チベット仏教の一宗派。中央チベット,ツァン地方のクン氏のクンチョク・ゲルポ (1034~1102) が 1073年にサキャ寺を建て,新訳のタントラを説いたのに始り,やがて「道果」の教義が説かれ,サキャ・パンチェン (82~1251) がシャキャシュリーバドラの教えを受けたのちは顕教も盛んになった。その甥パスパの時代から元の衰亡までクン氏はチベットに君臨したが,ソナム・ゲンツェン (1312~75) を一族の最後の大人物として,以後はクン氏以外のサキャ派系の学匠がその教えを支え,新サキャ派と呼ばれた。密教ではゴルとゾンの2派が,顕教ではヤクトゥク・サンゲペル (50~1414) とレンダワの2系列が現れ,中観の対立する2派を代表し,後者からツォンカパの系統が成立し,前者の系統はゴル・クンガ・サンポ (1382~1456) のもとに集って対立した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さきゃは【サキャ派】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

サキャ派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サキャ派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.