Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

サインバー

デジタル大辞泉

サイン‐バー(sine bar)
直角三角形の正弦関数サイン)を利用して、任意の角度測定または設定する器具

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サインバー【sine bar】
直角三角形の三角関数のサインを利用して,任意の角度の設定や測定に用いる器具。構造は図に示すように,幅一様な直定規の両端近くに,2個の等しいローラーの軸線が直定規の測定面と平行に,かつ中心距離がある一定の寸法(ふつう100mm,または200mm)になるように取り付けたものである。定盤面と直定規測定面との間の角度αを設定するためには,両ローラーの下に,sinα=(Hh)/Lを満足する高さHおよびhの二つのブロックゲージを入れる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

サインバー
さいんばー
sine bar
直角三角形の三角関数のサインを利用した角度設定、あるいは測定のための器具。のようにブロックゲージを組み合わせてHおよびhの高さをつくることにより、与えられた角度aを設定して、工作物をその角度aに加工したり、測定の基準として用いたりする。その構造は簡単で、厚さが均一の焼入れした鋼棒に同一直径の二つのローラーが取り付けられ、そのローラーの中心を互いに結ぶ線は鋼棒の上面と正確に平行に仕上げられ、かつその距離Lは、計算を容易にするために100、200ミリメートルというように整数長にしてある。実際に用いられているサインバーの多くは、1組のブロックゲージですむような構造につくられている。[清水伸二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サインバー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サインバーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.