Rakuten infoseek

辞書

サイバー攻撃【サイバーコウゲキ】

デジタル大辞泉

サイバー‐こうげき【サイバー攻撃】
cyber attack》コンピューターネットワーク上で、特定の国家、企業、団体、個人に対して行われるクラッキング行為。政治的、社会的理由に基づき、社会に混乱をもたらしたり、国家の安全保障を脅かしたりすることを目的とする破壊活動は、特にサイバーテロともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

サイバー攻撃
通信などのネットワークに侵入して壊したりデータを盗んだりする行為。市民生活や企業政府、軍の活動に被害を与える。米国は企業情報を中国が盗み、大統領選にロシアが介入したと指摘するが、米国のネット侵入による情報収集もオバマ政権時に発覚攻撃定義防止での合意形成は難しい。
(2017-05-11 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

IT用語がわかる辞典

サイバーこうげき【サイバー攻撃】
サイバーテロ。⇒サイバーテロ

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

サイバー攻撃
さいばーこうげき
インターネットを通じ、企業などのシステムを攻撃する行為。標的とする団体や個人の持つサーバーや個別のパソコンに不正ログインし、そのシステム内のデータを改ざん、破壊、盗むなどするのが一般的である。攻撃対象を社会基本インフラや政府機関をとしたものは、特にサイバーテロともよばれる。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サイバー攻撃」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サイバー攻撃の関連情報

関連キーワード

DoS攻撃バレーボールの用語DoS攻撃サイバー犯罪サイバー諜報活動サイバー兵器CYMAT情報セキュリティー緊急支援チームCIRTCサート

他サービスで検索

「サイバー攻撃」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.