Rakuten infoseek

辞書

サイクル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サイクル
cycle
循環過程ともいう。物質状態一定変化をしたのち,もととまったく同じ状態に戻るとき,この周期的な変化の過程をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サイクル
ヘルツ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サイクル(cycle)
循環過程。周期。また、その度数。
振動数(周波数)の単位。1サイクルは1秒間に1振動数をいい、1ヘルツ。記号c/s, c
自転車。「サイクルレース」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外国為替用語集

サイクル
株価や為替相場変動において、上下へ波打つ循環的な動き。周期。

出典:(株)マネーパートナーズ

岩石学辞典

サイクル
輪廻

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サイクル【cycle】
(1)ある体系が一つの状態から出発して再び元の状態に戻るとき,この過程をサイクル,または循環過程cyclic processという。カルノーサイクルは典型的な例である。身近な例としては,2サイクルエンジン,4サイクルエンジンなどがある。(2)振動数(周波数)の単位。サイクル毎秒の略。c,c/s,cpsなどの記号を用い,1c=1Hzである。ヘルツ【鈴木 増雄】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

サイクル【cycle】
あるものの状態が一定の変化を経過した後、再び元の状態に戻ること。周期。循環過程。
振動数または周波数の単位の慣用呼称。 → ヘルツ
自転車。 「 --ショップ」 「 --レース」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典

サイクル【cycle】
振動数・周波数の単位。ヘルツ(Hz)の慣用名。サイクル毎秒(記号は「c」、または「c/s」、または「cps」)で表す。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

サイクル
さいくる

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サイクル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サイクルの関連情報

他サービスで検索

「サイクル」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.