Rakuten infoseek

辞書

ゴールデン・レトリーバー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゴールデン・レトリーバー
golden retriever
イヌの1品種。 19世紀なかばのイギリスで,ブラッド・ハウンドと金色毛色をもつ犬種 (ロシアのサーカス団が連れていたイヌという説がある) を混血してつくられたと考えられる。世界で最も人気のある大型犬の1つ。本来は狩猟犬で,レトリーバーという名前も射止めた獲物をくわえて戻るように訓練されたイヌを意味する。賢く,活発でかつ従順な性質から,盲導犬や麻薬・爆発物捜査犬,さらに家庭犬まで幅広く利用されている。子供のいる家庭にも適するが,ヒトになれやすいため番犬には向かない。体高 51~61cm, 51~56cm。体重は雄 29~34kg,雌 27~32kg。四肢はがっちりとして,胸が広い。耳は垂れ,尾は長くなるが巻かない。被毛はやや長く,下毛が豊富なため水中での活動にも適する。毛色は金色から黄色までの間で,赤みを帯びたものは好まれない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬&猫:ペットの品種がわかる事典

ゴールデン・レトリーバー【Golden Retriever】
イギリスのスコットランド地方原産の大型犬。光沢のある黄金の被毛をもつ。もとはカモなど水禽捜索運搬に使われていた。温厚で忍耐強い性質や優れた嗅覚から、介助犬や麻薬捜査犬としても活躍している。JKCでは、第8グループ(ポインター・セター以外の鳥猟犬)に分類する。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴールデン・レトリーバー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゴールデン・レトリーバーの関連情報

他サービスで検索

「ゴールデン・レトリーバー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.