Rakuten infoseek

辞書

ゴルゴタ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゴルゴタ
Golgotha
アラム語で頭蓋骨の意。ラテン語 calva (頭蓋) からカルワリオともいう。キリスト磔刑に処せられた頭蓋骨に似た形の丘をいう (マタイ福音書 27・33,マルコ福音書 15・22,ヨハネ福音書 19・17) 。エルサレム城外の街道の近くであったようだが,正確な位置は不明。現在の聖墳墓教会内の地点またはダマスカス門の北の小丘がそれとされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゴルゴタ(Golgotha)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゴルゴタ【Golgotha】
イエスが十字架刑に処せられたエルサレムの丘。名前は〈頭蓋骨〉を意味するアラム語のグルガルタgulgaltaに由来するギリシア語で,多分丘の地形からそのように呼ばれたものであろう。ラテン語でカルウァリアCalvaria,英語でカルバリCalvaryともいう。伝承によれば,現在の旧市街の中央部にある聖墳墓教会が,その遺跡に立っているとされる。これに対して旧市街の北面中央のダマスクス門の外の〈園の墓〉をゴルゴタと同定する説もあるが,前者に比べてさほど有力ではない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゴルゴタ【Golgotha】
イスラエル、イエスが十字架の刑に処せられたエルサレム郊外の丘。カルバリア。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ゴルゴタ
ごるごた

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゴルゴタ
(Golgotha 「新約聖書」に見られるエルサレム北部の丘、カルバリのアラム語名) イエス‐キリストが十字架にかけられた所。現在の旧市街の聖墳墓教会のある所とも伝えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴルゴタ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゴルゴタの関連情報

関連キーワード

バレーラ骨端症ペルテス病

他サービスで検索

「ゴルゴタ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.