Rakuten infoseek

辞書

ゴム腫【ゴムしゅ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゴム腫
ゴムしゅ
gumma
第3期梅毒後期に発生する特有の症状の一つで,ゴムのような弾性をもつ腫瘍皮膚をはじめ肝臓睾丸,大動脈などにできる。大きさはいろいろあるが,一つにまとまる傾向があり,皮膚の場合,鶏卵大以上になることもある。境界ははっきりしている。現在ではごくまれにしかみられない。組織学上は,中央の壊死部は顆粒状無構造の物質から成り,これを取巻いて線維芽細胞リンパ球,形質細胞および組織球から成る特異な肉芽組織が増殖する。結核でもまれに類似肉芽腫 (結核性ゴム腫 tuberculous gumma) ができることがあるが,線維性の瘢痕化の傾向があるので識別しやすい。治療は駆梅療法による。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゴム‐しゅ【ゴム腫】
梅毒の第3期に、顔面胸骨などに現れる、くるみ大の固くて弾力のあるしこり

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごむしゅ【ゴム腫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゴムしゅ【ゴム腫】
梅毒の第三期に特有な肉芽腫。内臓・骨・筋肉・皮膚などにできるゴム様の弾力のある大小の結節で、顔面、特に鼻・唇・前額部・頭蓋骨に好発する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ゴム腫
ごむしゅ
梅毒の第3期の症状である。顔のほか、鎖骨、胸骨および各関節周囲の皮膚に、鶏卵くらいの大きさで、ゴムのような硬さのしこりが出現してくる。このしこりは崩壊して深い潰瘍(かいよう)となり、表面は肉芽組織によって覆われる。[岡本昭二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゴム‐しゅ【ゴム腫】
〘名〙 骨、筋肉や肝臓その他の内臓などにできるしこり。梅毒の第三期にあらわれる症状で、潰瘍となって筋肉や骨などの深部組織に及ぶ。顔、ことに鼻、唇、頭蓋骨などに多くできる。ゴム腫性梅毒。
※大阪朝日新聞‐明治三七年(1904)二月六日「又人肝の護謨腫より黴毒菌を発見して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴム腫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゴム腫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.