Rakuten infoseek

辞書

コーンウォール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コーンウォール
Cornwall
イギリスイングランド南西端の単一自治体(ユニタリー unitary authority)。コーンワルともいう。行政府所在地トルロー。2009年に県から単一自治体に移行した。イングランド南部から南西方向に突出してブリストル海峡イギリス海峡を分ける半島の先端部を占める。古生代末期のアルモリカ造山運動の影響を強く受けた地域で,大部分が褶曲を受けた旧赤色砂岩層からなるが,ところどころに花崗岩の貫入がみられ,長い浸食作用の結果,これら花崗岩が露出し,ボドミンムア台地をはじめとする台地やシリー諸島を形成している。イギリス海峡に面する南岸にはリアス海岸が発達し,テーマー川,フォイ川,ファル川などの川の河口部は樹枝状の入江となっている。早くから人が住んでいた地域で,ドルメンメンヒルアリニュマンなど先史時代の巨石記念物が多い。イギリスの先住民であるケルト系のブリトン人は,この地域で 11世紀頃までアングロ・サクソン人の支配に抵抗,ケルト系の言語は 18世紀まで用いられており,地名などにその名残りがみられる。鉱物資源に恵まれ,古くから銅やスズなどがとれるほか,花崗岩,カオリンなどが採掘される。18~19世紀当時の姿を残す採掘施設は 2006年世界遺産の文化遺産に登録された。主産業は農業で,穀物,飼料作物,ジャガイモなどが栽培され,市場園芸も盛ん。西部では酪農が重要。風光と気候に恵まれ,近年観光業が発展し,かつての小漁港が海浜保養地としてにぎわう。南部沿岸では漁業も行なわれる。工業はあまり発展していない。面積 3546km2。人口 53万1100(2009推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーンウォール
Cornwall
カナダ,オンタリオ州東部の都市。セントローレンス川北岸にある。 1784年に王党派の人々が移住。 1843年にセントローレンス川の早瀬を避ける運河が開通してからは,酪農,混合農業地帯の中心的な港となった。アメリカ合衆国側とは橋で結ばれている。レーヨン,綿,パルプ工業が立地する。また,セントローレンス水路公社のカナダ側の本社がおかれている。人口4万 7137 (1991) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コーンウォール(Cornwall)
英国イングランド南西部の地域。美しい景観と穏やかな気候から、保養地として有名。かつては鉱業が盛んで、主に銅と錫(すず)が採掘され、特に18~19世紀には英国産業革命一翼を担った。鉱山技術の革新をもたらしたビームエンジンやエンジンハウスを用いた採掘方式は、この地で始められ、その後世界に普及したといわれている。これらの鉱山跡や鉱業に関する施設からなる景観は、2006年に「コーンウォールとウェストデボンの鉱山景観」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コーンウォール【Cornwall】
イギリス,イングランド南西端にある州。地名は〈コーンウォールのウェールズ人〉を意味した古英語に由来する。コーンワルとも呼ばれる。シリー諸島を含めて面積3546km2,人口48万3000(1995)。州都はボドミンBodminだが,行政機関はトルーローTruroにある。大西洋とイギリス海峡にはさまれたコーンウォール半島に位置し,グレート・ブリテン島最西端のランズ・エンド岬と最南端のリザード岬がある。丘陵とボドミン・ムアなどの山地から構成され,肉牛(デボン種)の粗放的放牧や酪農が卓越するが,温和な気候を利用した市場園芸も盛ん。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

コーンウォール【Cornwall】
イギリス、イングランド南西端にある州。温暖で、海岸は海食崖がいの美しい風景に恵まれ、保養地が多い。古いケルト文化を残す。州都トルロ。コーンワル。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コーンウォール

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーンウォール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コーンウォールの関連情報

他サービスで検索

「コーンウォール」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.