Rakuten infoseek

辞書

コールオプション

デジタル大辞泉

コール‐オプション(call option)
ある一定期日、期間の後に、通貨・株式商品などを、前もって定めた価格で一定量買う権利。⇔プット‐オプション。→オプション取引

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典

コールオプション
オプション取引で、ある商品を将来のある期日までに、その時の市場価格に関係なくあらかじめ決められた特定の価格(=権利行使価格)で買う権利を売買する取引のこと。コールオプションの取引は、買方(買うことができる権利を買う)と売方が同時に存在する。新規に取引を開始する際には、買方はプレミアムを支払い、一方売方はプレミアムを受取る。その後決済時等に、買方が権利を行使すると、対象とする商品を権利行使価格で手に入れることができる。一方、売方はこの権利行使に応じなくてはならない

出典:株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント

会計用語キーワード辞典

コールオプション
オプション取引で、その時の市場価格に関係なく、ある商品を将来のある期日までにあらかじめ決められた特定の価格(=権利行使価格)で買う権利を売買する取引のことです。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

ワイジェイFX用語集

コールオプション
ある商品を一定の価格で買う権利の事を言います。

出典:ワイジェイFX株式会社
Copyright © 2003-2014 YJFX, Inc. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
尚、本件サービスの利用に際し、実際に外国為替証拠金取引(FX)の取引を行う場合は、自己の責任において行うようお願い致します。また、取引について発生した損害について弊社は一切保証致しません。

大辞林 第三版

コールオプション【call option】
オプション取引において、一定の期間内に契約価格で買う権利。 ⇔ プット-オプションオプション取引

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コールオプション」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コールオプションの関連情報

他サービスで検索

「コールオプション」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.