Rakuten infoseek

辞書

コーマン

世界大百科事典 第2版

コーマン【Roger Corman】
1926‐
1950年代の〈B級映画の王者〉,60年代のアメリカ怪奇映画の第一人者として知られる映画監督。また,60年代半ばから70年代にかけてフランシス・フォード・コッポラ,ピーター・ボグダノビッチ,マーティン・スコセーシ,モンテ・ヘルマン,アービン・カーシュナーらの監督,ジャック・ニコルソン,ピーター・フォンダらの俳優といった才能にデビューの機会を与え,〈《イージー・ライダー》以後のアメリカン・シネマの陰の母胎〉となったプロデューサーでもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

コーマン
こーまん
Roger William Corman
(1926― )
アメリカの映画監督、プロデューサー。デトロイト生まれ。スタンフォード大学で工学を専攻するも第二次世界大戦中は海軍に従軍、終戦後卒業。その後エンジニアとなるがすぐに辞め、1948年映画界入りを目ざして20世紀フォックス社のメッセンジャーボーイとなる。同社でストーリー・アナリスト(映画化予定の脚本を最初に読んでシノプシスと評価を作成する係)を1年務め、1950年渡英、オックスフォード大学で英文学を学ぶ。パリ滞在を経て翌年帰国。著作権代理人を営むかたわら執筆した脚本が売れ、『ハイウェイ捜査網』Highway Dragnet(1954)として映画化され、プロデューサーも務める。同時に自身の制作会社を設立し、低予算の怪奇映画を製作。これをきっかけにアメリカン・リリーシング・コーポレーション(後のアメリカン・インターナショナル・ピクチャーズ(AIP))と契約を結ぶことになる。
 1955年、レッド・パージで不遇の身だった名カメラマン、フロイド・クロスビーFloyd Crosby(1899―1985)を起用して『あらくれ五人拳銃』で監督デビュー。以後、SF映画や青春映画を中心に、あらゆるジャンルの映画を数多く製作、「B級映画(おもに2本立て興行の添え物として低予算、早撮りで製作された映画)の王」と称される。その人気は、主としてドライブイン・シアターでデートするティーンエイジャーたちによって支えられていた。2日で撮ったという『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』(1960)のような作品でもかならずヒットさせるのが信条で、『機関銃(マシンガン)ケリー』(1958)では1930年代に流行したギャング映画を復活させた。とりわけ人気を集めたのが『アッシャー家の惨劇』(1960)に始まるポー原作のシリーズで、しだいにカルト的名声を獲得。一方で、南部の町の人種偏見を告発した『侵入者』(1962)のような問題作も監督した。やがて彼の作品は1960年代の「異議申し立て」の風潮を象徴するものとみなされるようになり、暴走族を登場させた『ワイルド・エンジェル』(1966)、LSD体験を視覚化した『白昼の幻想』(1967)など、一作ごとに物議を醸(かも)した。
 1970年にはAIPから独立してニュー・ワールド・ピクチャーズを設立。その後はプロデューサー業に専念し、ベルイマンやフェリーニ、黒澤明といった海外の芸術映画の輸入配給にも力を入れている。1984年、制作会社としてニュー・ホライズンズ・カンパニーを設立。翌年にはその配給部門コンコードを設立した。
 時代に迎合した軽薄な映画人と映りかねないコーマンは、実のところ、B級映画が歴史的に果たしてきた機能がしだいにテレビへと移行していくなかにあって、あえて映画の側にとどまり続ける反時代的な精神の持ち主でもあった。コーマンの撮影現場は映画を志す青年のための学校としても知られ、フランシス・コッポラ、モンテ・ヘルマンMonte Hellman(1932― )、ピーター・ボグダノビッチPeter Bogdanovich(1939― )、デニス・ホッパー、ジャック・ニコルソンといった多くの逸材がそこから巣立っていった。そのほかの監督作に『原子怪獣と裸女』(1955)、『金星人地球を征服』(1956)、『忍者と悪女』(1963)、『赤死病の仮面』(1964)、『マシンガン・シティ』(1967)、『血まみれギャングママ』(1970)、『フランケンシュタイン 禁断の時空』(1990)などがあり、プロデュースした映画だけでも優に100本を超える。[藤井仁子]

資料 監督作品一覧

ファイブ・ガン あらくれ五人拳銃 Five Guns West(1955)
荒野の待伏せ Apache Woman(1955)
女囚大脱走 Swamp Women(1955)
百万の眼を持つ刺客 The Beast with a Million Eyes(1955)
原子怪獣と裸女 Day the World Ended(1955)
悪魔と魔女の世界 The Undead(1956)
金星人地球を征服 It Conquered the World(1956)
早射ち女拳銃 Gunslinger(1956)
ごろつき酒場 Rock All Night(1957)
巨大カニ怪獣の襲撃 Attack of the Crab Monsters(1957)
鮫の呪い She Gods of Shark Reef(1957)
女バイキングと大海獣 The Saga of the Viking Women and Their Voyage to the Waters of the Great Sea Serpent(1957)
暗黒街の掟 I Mobster(1958)
機関銃ケリー Machine-Gun Kelly(1958)
恐怖の獣人 Teenage Cave Man(1958)
X星から来た吸血獣 Night of the Blood Beast(1958)
魔の谷 Beast from Haunted Cave(1959)
血のバケツ A Bucket of Blood(1959)
蜂女の実験室 The Wasp Woman(1959)
アッシャー家の惨劇 House of Usher(1960)
リトル・ショップ・オブ・ホラーズ The Little Shop of Horrors(1960)
地球最後の女 アイ・アム・ウーマン・オブ・レジェンド Last Woman on Earth(1960)
恐怖の振子 Pit and the Pendulum(1961)
姦婦の生き埋葬 Premature Burial(1962)
恐怖のロンドン塔 Tower of London(1962)
黒猫の怨霊 Tales of Terror(1962)
侵入者 The Intruder(1962)
ヤングレーサー The Young Racers(1963)
忍者と悪女 The Raven(1963)
古城の亡霊 The Terror(1963)
X線の眼を持つ男 X: The Man with X-Ray Eyes(1963)
怪談呪いの霊魂 The Haunted Palace(1963)
黒猫の棲む館 The Tomb of Ligeia(1964)
侵略戦線 The Secret Invasion(1964)
赤死病の仮面 The Masque of the Red Death(1964)
原始惑星への旅 Voyage to the Prehistoric Planet(1965)
ワイルド・エンジェル The Wild Angels(1966)
聖バレンタインの虐殺 マシンガン・シティ The St. Valentine's Day Massacre(1967)
白昼の幻想 The Trip(1967)
ターゲット・ハリー Target: Harry(1968)
血まみれギャングママ Bloody Mama(1970)
ガス! Gas! -Or- It Became Necessary to Destroy the World in Order to Save It.(1970)
レッド・バロン Von Richthofen and Brown(1971)
フランケンシュタイン 禁断の時空 Frankenstein Unbound(1990)
『ロジャー・コーマン、ジム・ジェローム著、石上三登志他訳『私はいかにハリウッドで100本の映画をつくり、しかも10セントも損をしなかったか――ロジャー・コーマン自伝』(1992・早川書房) ▽上島春彦・遠山純生著『60年代アメリカ映画』(2001・エスクァイア マガジン ジャパン)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーマン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コーマンの関連情報

他サービスで検索

「コーマン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.