Rakuten infoseek

辞書

コード【コード】

デジタル大辞泉

コード(chord)
和音2」に同じ。
翼弦

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コード(code)
規定。規則。特に、新聞社・放送局内部で設けた、準拠すべき倫理規定。「プレスコード」「放送コード
略号。符号。電信符号。暗号。「コードブック」
情報を表現するための記号や符号の体系。特に、コンピューターのデータ・命令などを符号で表現したもの。「漢字のJISコード

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コード(cord)
細い銅線を束にし、ゴム・糸・ビニールなどで覆って絶縁した電線屋内配線電気器具接続などに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

コード
リップルに関するもので,流れの方向に隣接したリップルの谷と谷または峰と峰の間を測った水平距離[Allen : 1968].幾何学的にchordとは弦をいい,建築施工では桁をいう.同じような意味で様々な分野で用いられる語.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラグライダー用語辞典

コード
ラインのこと

出典:
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コード
翼弦。 前縁後縁を結んだ線。パラグライダーは中央が一番長く、翼端に行くに従い短く(小さく)なる。

出典:
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コード【cord】
絶縁したしなやかな電線で,家庭用電気器具,小型電気機器を電源に接続する場合や屋内配線などに使用される。絶縁構成によりゴムコード器具用ビニルコードキャブタイヤコードなどがある(図)。ゴムコードは,導体上に天然ゴム,クロロプレンゴムなどを絶縁体とし,外部に紙,綿糸などの編組みを施したものである。耐熱性ビニルコードよりよいが湿気に弱い。ビニルコードは導体を塩化ビニルで直接被覆したもので,絶縁性に優れ,軽量で耐久性,耐油性,耐薬品性がよいので広く利用されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

コード【chord】
(弦楽器の)弦げん
和音わおん

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コード【code】
規則。規定。特に、新聞社・放送局が番組・紙面の作成の指針として設ける倫理規定であるプレスコードなどをいう。
電信符号。記号。暗号。 「 - ブック」
符号体系。特に、コンピューターのデータや命令の表現規則。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コード【cord】
ひも。細引き。
細い銅線の束に、ゴム・ビニールなどの絶縁被覆を施した電線。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コード
code
符号。電信データ伝送およびコンピュータなどで,文字を表現するために用いられる一連の信号の組合せ。電圧の有無,電流の方向などの電気的状態を二進数の1と0に対応させ,その5~8個の組合せで文字を表現する。日本では電信用に6単位コードが使用されているほか,データ通信の情報交換用符号として,国際標準化機構 ISOの勧告に基づく7単位符号および8単位符号が日本工業規格JISに制定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コード
こーど
cord
電線の一種。細い導体(軟銅線で直径0.12~0.32ミリメートル)を多数(20~112本)撚(よ)り合わせ、導体断面積は0.5~5.5平方ミリメートルで、その上に天然ゴム、SBR(スチレン・ブタジエンゴム)、クロロプレンゴム、EPM(エチレン・プロピレンゴム、EPRとも略す)などのゴム、あるいはポリ塩化ビニルなどを被覆し、主として2本で1対にしてある。屈曲しやすく移動して使用でき、おもに屋内で使われる。交流300ボルト以下の小型電気機器に用いられるが、用途や構造によって次のようなものがあり、いずれもJIS(ジス)(日本工業規格)で定められている。[佐久間照夫・大木義路]

ゴムコードrubber cord

屋内の吊(つ)り下げ灯などに用いられる。ゴムを絶縁体としているので、耐熱性はポリ塩化ビニルよりよいが、外部編組(へんそ)に綿糸を用いるため湿気に弱い。単心コードを撚り合わせた撚りコード、撚りコードの上に綿糸編組をした袋打ちコード、袋打ちコードの線心間に介在糸を入れて丸く仕上げた丸打ちコードなどがある。[佐久間照夫・大木義路]

ビニルコードvinyl cord

扇風機や冷蔵庫など、屋内で使用する電気器具に用いられる。絶縁体にポリ塩化ビニルを使用しているので、着色が自由にできて外観が美しい。[佐久間照夫・大木義路]

ビニルキャブタイヤコードvinyl cabtyre(cabtire) cord

絶縁体の厚さを0.6ミリメートルと薄くし、導体に絶縁体を被覆した線心を撚り合わせているので、可撓(かとう)性に富み、巻込型電気掃除機などの電源コードに使用されている。[佐久間照夫・大木義路]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コード
〘名〙 (chord)
① 楽器の弦。
② 和音。
※備忘録(1927)〈寺田寅彦〉調律師「すっかり調律を終ってから、塵埃を払ひ、蓋をして、念の為に音階とコードを叩いて見て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コード
〘名〙 (code)
法典規則。〔外来語辞典(1914)〕
② 新聞、放送番組などの作成にあたっての、新聞社放送局内部で準拠すべき倫理規定。プレスコード(新聞)、番組コード(放送)など。
電信符号。電報用の略号。
④ コンピュータなどで、情報を表現するための記号の体系。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コード
〘名〙 (cord) 細い銅線を束にしたものに綿糸、ゴム、ビニールなどを被覆した電線。おもに室内の電気器具の接続に用いる。〔舶来語便覧(1912)〕
※風ふたたび(1951)〈永井龍男〉こころの応接間「アイロンのコードをつなぎ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コードの関連情報

他サービスで検索

「コード」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.