Rakuten infoseek

辞書

コート紙【コートし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コート紙
コートし
coat paper; coated paper
塗工紙の一種。クレー (白土) などの鉱物性顔料と塗被料の混合したものや合成樹脂などを,原紙の片面または両面に塗工した紙。おもに印刷用紙として利用される。塗工量が 1m2あたり約 20g (両面) 未満のものをいい,同じ塗工紙のなかではアート紙と軽量コート紙の中間の品質といわれ,大量生産向きである。近時は特に印刷適性がアート紙にかなり近似してきた。カタログ,パンフレット,ポスター,カレンダーなどの高級商業印刷物などに広く用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コート‐し【コート紙】
coated paper》表面にアート紙よりも少量の鉱物性白色顔料を塗った洋紙。雑誌の表紙や口絵インクジェットプリンターの高品位印刷などに用いる。→光沢紙半光沢紙マット紙

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コートし【コート紙】
印刷用紙のうち,表面に白色顔料を塗布した塗工紙coated paperの一品種。よい印刷をするには表面の平滑性が必要であるが,パルプだけで作った紙の表面には顕微鏡で見るとかなり凹凸がある。そこで,直径1μm以下の微粒子状クレーや炭酸カルシウムなどを結合剤とともに水に分散させて紙の表面に塗り,平滑性を向上させたものが塗工紙である。上質紙もしくは中質紙を基紙とし,塗工液を10g/m2前後塗布したものがコート紙で,これに対して,上質紙に20g/m2前後塗布した高級塗工紙をアート紙と呼んで区別する。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

コートし【コート紙】
印刷用紙の一種。上質紙・中質紙の表面に白色顔料と接着剤などを混ぜた塗料を塗って平滑性をもたせた洋紙。雑誌の表紙や口絵などに用いる。塗料の厚いアート紙の代用とする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コート紙
こーとし
原紙の片面または両面に塗料または合成樹脂などを塗り乾燥し、通常、スーパーカレンダーsuper calender(紙に光沢をつける装置の一種)にかけて得られ、一般に塗工量がアート紙より少なく、軽量コート紙より多い塗工紙coated paperの一種。わが国の特殊品名である。通常コート紙の原紙は上質紙を用いるが、中質コート紙は中質紙を用いる。コート紙の塗工には通常、白色または淡色の鉱物性の顔料とカゼイン、変性デンプンまたは合成樹脂などの接着剤を混合した塗料が多く用いられる。コート紙は表面が平滑で光沢があり印刷効果が大きいため、多色印刷などの高級印刷でアート紙に代用される。[御田昭雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コート紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コート紙の関連情報

他サービスで検索

「コート紙」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.