Rakuten infoseek

辞書

コーチン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コーチン
Cochin
インド南西部,ケララ州中部の港湾都市。アラビア海とベンバナード湖に面する。海岸線と平行に 70km以上も細長く続く潟湖ベンバナード湖が狭い水路で海と通じるところに発達し,外洋と沿岸水路の港として発展。古くからコーチン藩王国の首都で,バスコ・ダ・ガマが 1502年にポルトガル商館をおき,翌年ポルトガル総督アルブケルケがインド最初のヨーロッパ型の城を築いた。 1663年オランダが進出,1795年イギリスが占領,近代的港湾建設された。同国南西岸の主要港の一つでコプラ,カシューナッツ,茶,木材の積出しが多く,船舶修理,化学工業も行われる。ココヤシ繊維紡織,綿織物などを産出。バスコ・ダ・ガマの墓所,ユダヤ徒居住区などヨーロッパとの交流を示す史跡が多い。インド海軍の基地がある。 1970年にエルナークラムマッターンチェリなどを合併した。人口 56万 4038 (1991) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コーチン(cochin)
鶏の一品種中国原産肉用種で、羽色黄褐色のものが多い。名は、欧州に輸入された際に、コーチシナ産と誤って伝えられたことによる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーチン(Cochin)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

コーチン
鶏の品種のひとつ。中国原産の大型の肉用鶏で、日本農林規格の指定在来種。古くは「シャンハイ」とも呼ばれた。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コーチン【Cochin】
インド南西端,ケーララ州南部の港市。人口56万5000(1991)。マラバル海岸に面し,南北内陸水路とデカン高原への東西交通路の交点に所在。紀元前からインド洋交易の要地として栄え,1502年にバスコ・ダ・ガマがポルトガル商館を開設以後,独立までヨーロッパ人が領有してきた。近代的築港工事の完成によりインド有数の商業港兼軍港となる。造船業が立地。コプラ,香料ゴム,コーヒー,茶,エビ,チークなどを輸出している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

コーチン【cochin】
ヨーロッパに輸入されたとき、コーチシナ産と誤って伝えられ、この名がある
ニワトリの一品種。中国原産。羽の色は赤茶色・白色など。肉用種で、肉は質・量ともにすぐれる。 → 名古屋種

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーチン【Cochin】
インド南西部、マラバル海岸にある港湾都市。茶・ゴムの輸出が多い。1502年バスコ=ダ=ガマがポルトガルの交易基地として建設、以後東洋貿易の中継地として繁栄した。フランシスコ=ザビエルの宣教の本拠地としても名高い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コーチン
こーちん
Cochin
インド南西部、ケララ州の港市。コチKochiともいう。トリバンドラムの北約170キロメートル、マラバル海岸有数の港で、この地方に産する茶、カシューナッツ、ココナッツ、香料などが輸出されてきた。現在では漁業基地のほか造船所が建設され、近代産業都市として発展しつつある。インド海軍の基地ともなっている。1502年バスコ・ダ・ガマによってポルトガルの商館が置かれ、翌03年にはポルトガルのアルブケルケによって要塞(ようさい)が築かれた。のち、オランダ、イギリスなどが進出し、重要な商業の中心として栄えた。イギリス領時代には、同市を首都としてコーチン藩王国が形成された。人口59万6473(2001)。[辛島 昇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーチン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コーチンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.