Rakuten infoseek

辞書

コンラート[2世]【コンラート】

世界大百科事典 第2版

コンラート[2世]【Konrad】
990?‐1039
ザリエル朝初代のドイツ国王(在位1024‐39),神聖ローマ皇帝(在位1027‐39)。シュパイヤー伯ハインリヒの子。ザクセン朝断絶ののち国王に選ばれ,ザリエル朝を開いた。ポーランド,ブルグントを支配下に置き,また多くのドイツ人司教を任命して北イタリア支配を固めた。国内では王領地の拡大により王権の強化を図り,家人のミニステリアーレ階層を保護して,封土の世襲化を認め,これにより有力諸侯の自立化を抑えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

コンラート[2世]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コンラート[2世]の関連情報

関連キーワード

SI接頭語Kスキャン時の色数バイト万寿ヨハネス19世(20世)シチジル酸配偶者控除年収の壁利回り

他サービスで検索

「コンラート[2世]」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.