Rakuten infoseek

辞書

コンバイン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コンバイン
combine
稲やなどの穀物の刈取り,脱穀をあわせ行う機械圃場を進行しながら刈取りと同時に脱穀選別を一貫して完了できるもので,農業機械のうち最も複雑大規模,能率的なものである。日本では,1962年に農業構造改善事業が実施されて以来,平野部の稲作地帯にこの種の小型コンバインが採用されるようになった。日本独特の超小型コンバインとして,穂刈型コンバインや自動脱穀機を応用した自脱型コンバインがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コンバイン(combine)
刈り取り・脱穀・選別を、1台で同時にできる農機具。刈り取り脱穀機。
結合して一体にすること。結びつけること。合体させること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コンバイン【combine】
元来combined harvester and thresherと呼ばれ,刈取作業と脱穀,選別作業を走りながら同時に行う高能率の収穫機である。穀物(イネ,ムギ)用,豆類用などがある。コンバインには大別して2種類ある。一つは普通コンバインと呼ばれ,アメリカなどで開発されたもので,刈り取った刈りわら(穂つきのわら)ごと脱穀部に入れてしまうため,脱穀,選別部が大型になる。他の一つは自脱コンバインといい,日本で開発されたもので,わらを選別部に入れない形のものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

コンバイン【combine】
組み合わせた。一体化した。
一台で、刈り取り・脱穀・選別の機能を兼ね備えた大型の農機具。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コンバイン
こんばいん
combine
田や畑の上を走行しながら、イネ、ムギ、ダイズ、トウモロコシなどの穀物を収穫し脱穀作業などを行う農業機械。コンバイン・ハーベスターcombine harvesterの略語である。「コンバイン」は組み合わせる、結合するという意味の英語であり、このことばに収穫機械という意味はもともとなかったが、刈取り機と脱穀機を組み合わせた収穫機械をコンバイン・ハーベスターとよび、その略称としてコンバインということばが広く使われるようになった。
 コンバインは、ムギなどの穀物の収穫作業を効率的に行うために、19世紀中ころにアメリカで発明された。初期のコンバインは畜力式であったが、20世紀になると内燃機関を搭載した動力式のコンバインとして進化し、今日のコンバインの原型となった。コンバインは、バリカンやディスク状の刃の刈取り部、刈り取った収穫物の搬送部、穂や茎から実を取り出す脱穀部、脱穀した穀粒を一時貯留するグレインタンク、排藁(わら)処理部などから構成されている。
 日本では水田という湿地を走行するために装軌式(通称キャタピラー)の走行装置をもち、穂の部分だけを脱穀部に入れる独自の脱穀部をもつ自動脱穀コンバイン(いわゆる自脱コンバイン)が1967年(昭和42)に市販化されている。コンバインはその後も進化を続け、狭小な農地での収穫が可能なものや、傾斜地での収穫が可能なものも普及してきている。また、位置情報をGPS(全地球測位システム)でとらえながら収穫時の穀物の重さや水分などを逐次測定し、収量分布をコンピュータに取り込むことができるような収量コンバインも使われるようになった。さらに今日では、収穫作業を無人でできるようなロボットコンバインも登場してきている。[谷脇 憲]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コンバイン
〘名〙 (combine)
① 組み合わせて結合すること。また、兼ね備えること。〔外来語辞典(1914)〕
② 刈取り、脱穀、精選の機能を兼備した農機。刈取り脱穀機。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンバイン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コンバインの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.