Rakuten infoseek

辞書

コント

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コント
Comte, (Isidore-) Auguste (-Marie-François-Xavier)
[生]1798.1.19. モンペリエ
[没]1857.9.5. パリ
フランス実証派哲学者で社会学の創始者。数学者でもある。 1814年からパリのエコール・ポリテクニクで学び,16年からパリで数学教師。 32年にエコール・ポリテクニクの演習指導員となったが,42年に学校当局と衝突してやめ,その後は J.S.ミルフランスの後援者に助けられながら研究生活をおくった。コントは社会史を人間の知識の発展史とし,神学的,形而上学的および実証的な「三段階の法則」 la loi des trois étatsを主張した。そして,当時最も遅れていた社会学をその最後の段階とした実証的段階に引上げることを自己の課題とした。彼の社会学は社会静学と社会動学に区分され,前者社会構造後者社会変動を取扱っている (→社会静学・社会動学 ) 。主著実証哲学講義』 Cours de philosophie positive (6巻,1830~42) ,『実証政治学体系』 Système de politique positive (4巻,51~54) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コント
conte
短編小説を意味するフランス語。英語では短い冒険小説を意味することが多く,日本語では機知風刺に富んだ軽妙な短編小説,きわめて短い気のきいた掌編小説の類を呼ぶ名称となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コント(Auguste Comte)
[1798~1857]フランスの哲学者・社会学者。人間の知的発展は、神学的・形而上学的・実証的の三段階をたどるものとし、社会学の体系を樹立した。のち、宗教に傾き、人類教を唱えた。「実証哲学講義」「実証政治体系」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コント(〈フランス〉conte)
短編小説。特に機知に富み、ひねりを利かせた作品。
笑いを誘う寸劇

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

コント
ウィーンの音楽学校でヴァイオリンとピアノを学び、独学で作曲を始めた。その後はウィーン音楽アカデミーで作曲、指揮を本格的に学ぶ。メシアンミヨーにも師事した。1950年代以降から積極的に作曲活動を行い、 ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

世界大百科事典 第2版

コント【conte[フランス]】
軽妙な内容の短い物語のこと。フランスでは元来,内容・長短にかかわりなく韻文による物語を指していたが,中世末期から近世にかけて《サン・ヌーベル・ヌーベル》や《エプタメロン》といった風流小咄(こばなし)が出るにおよんでおおよその形式が定まった。長短の区別よりも,きわどい内容を盛りこんだり,辛味をきかせたり,童話風の幻想性をもった作品を称していわれ,ペローの皮肉っぽい教訓をもった童話風の物語が代表作。19世紀に入ってバルザックの《コント・ドロラティク(風流滑稽譚(こつけいたん))》やフローベールの《トロア・コント(三つの物語)》などが生まれたが,とりわけモーパッサンがこの形式を愛用した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

コント【Isidore Auguste Marie François Xavier Comte】
1798‐1857
フランスの哲学者,社会学者であり,教育家,宗教家でもあった。南フランスのモンペリエの小官吏の家に生まれ,1814年パリの高等理工科学校に入学,しかし同校がその後閉鎖されたため退学を余儀なくされた。17年サン・シモンと出会い,青年時代を彼の秘書として過ごす。サン・シモンから大きな感化をうける。22年論文《社会再組織に必要な科学的作業のプラン》を発表し,その後サン・シモンから離れ,独立した歩みを始める。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

コント【conte】
短編小説。特に、風刺やひねりの利いた軽妙な短い物語。
風刺に富んだ軽妙な寸劇。また、寸劇風の演芸。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コント【Auguste Comte】
1798~1857 フランスの思想家。社会学の創始者とされる。人間の知識に神学的・形而上学的・実証的の三段階を認め、自然科学的実証主義による社会学体系を確立した。晩年は人間教という宗教を創始。著「実証精神論」「実証哲学講義」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コント
〘名〙 (conte)
① フランスに発達した文芸の短編形式の一つ。機知、風刺、皮肉など知的要素に富み、軽妙なまとまりをもつ短い話が多い。小話。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉秋雨の宵「誰の短篇(コント)か知らないが、ちょいとうまく出来てるね」
② ①と同様の趣向で笑いをさそう寸劇。
※古川ロッパ日記‐昭和一四年(1939)一月二五日「ハリキリのコントやっとコツが掴めて来た」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コント
(Auguste Comte オーギュスト━) フランスの哲学者。社会学の創始者。フランス革命後の市民社会の危機を、科学を通じ、人間知性の改革によって再建することを主張。人類の知識の発展を神学的・形而上学的・実証的の三段階に分け、最後の段階において、真の予見可能な科学的知識を獲得できるとした。晩年宗教的傾向を帯び、「人類教」を唱えた。主著に「実証哲学講義」「実証精神論」など。(一七九八‐一八五七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

コント
Auguste Comte
1798〜1857
フランスの哲学者・社会学者で,実証主義の創始者
19世紀前半のフランスの社会的・思想的混乱を収拾するため,社会の理論的究明につとめた。知識の発展について3段階発展説を説き,神学的・形而上学的・実証的段階を説く。主著『実証哲学講義』『実証政治体系』。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コント」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コントの関連情報

関連キーワード

ヘルウェティア共和国ベートーベンゴルチャコフフェリス目黒道琢オファイトアラブ文学ケンタッキー・バージニア決議アイルランド反乱アイルランド問題

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.