Rakuten infoseek

辞書

コンスタンティウス[1世]

世界大百科事典 第2版

コンスタンティウス[1世]【Constantius I,Flavius Valerius】
250ころ‐306
ローマ皇帝。在位,副帝293‐305年,正帝305‐306年。コンスタンティウス・クロルスとも呼ばれる。イリュリクム出身の軍人ディオクレティアヌス抜擢(ばつてき)され,テトラルキア(四分治制)の一員たる西方副帝としてガリアブリタニア統治。正帝マクシミアヌスの援助をえてガリアに独立王国をたてていたカラウシウス,アレクトゥスを倒し,さらにブリタニアの諸部族をも制圧した。穏和寛大な統治を行い,303年のキリスト教徒大迫害に際しても教会を破壊したのみで積極的な迫害は行わなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

コンスタンティウス[1世]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コンスタンティウス[1世]の関連情報

関連キーワード

コンスタンティヌス(大帝)コンスタンチウス1世ナウキャストセウェルスセウェルス八王の乱マクセンチウスマルケルス1世恵帝先取特権(さきどりとっけん)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.