Rakuten infoseek

辞書

コンスタンチノープル総大主教【コンスタンチノープルそうだいしゅきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コンスタンチノープル総大主教
コンスタンチノープルそうだいしゅきょう
Patriarch of Constantinople
総大主教 (総主教ともいう) の名は5世紀以後,ローマ,アレクサンドリア,アンチオキアコンスタンチノープルエルサレムの五大主教に与えられたが,このうち前3者はニカイア公会議 (325) で,後2者はカルケドン公会議 (451) で承認された。やがてコンスタンチノープルは,東ローマ (ビザンチン) 帝国の首都主教座としての勢威によってローマと首位の座を争い世界総主教 ecumenical patriarchを称した。その後,ローマは総主教の名のほかに教皇という名を専用に設けた。コンスタンチノープルはローマと対立し,ビザンチン帝国皇帝教皇主義の中心となった。その後 1917年にはモスクワ,第2次世界大戦後はユーゴスラビアルーマニアブルガリアにも総主教制が設けられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンスタンチノープル総大主教」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コンスタンチノープル総大主教の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.