Rakuten infoseek

辞書

コンスタンチウス2世【コンスタンチウスにせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コンスタンチウス2世
コンスタンチウスにせい
Constantius II; Flavius Julius Constantius
[生]317.8.7. シルミウム
[没]361.11.3. キリキア
ローマ皇帝 (在位 337~361) 。コンスタンチヌス1世 (大帝)の第3子。大帝の死後,内紛で一族の者を数多く殺害し,残った3兄弟で共治。東方 (トラキアマケドニアギリシア,小アジア,エジプト) を支配。 338~350年ペルシアのシャプール2世と戦ったが,344,348年には大勝西方の弟コンスタンスを倒した F.マグネンチウスをムルサに滅ぼし (351) ,単独帝となる。この間,一時東方の統治をゆだねた副帝ガルス・カエサルが横暴なため,354年これを殺し,355年フランクの帝位僭称者シルバヌスを倒した。 357~358年ドナウ川地方に遠征。 359年再びシャプールと戦った。政治にも熱心で父帝の方針を受継ぎ,軍備を強化,教会建設に努めたが,財政的には破綻を招いた。深いキリスト教的教養をもち,公会議においてはアリウス派を支持,アタナシウスらを再三追放した。ユリアヌスを討とうとして病没。死の床でアリウス派のエウゾイオスから受洗。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンスタンチウス2世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コンスタンチウス2世の関連情報

関連キーワード

マウリヤ朝クリスプスコンスタンティヌス[2世]チャンドラグプタマウリヤ朝アガトクレス司馬睿晋(中国の王朝)鈴木啓示マケドニア王国

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.