Rakuten infoseek

辞書

コロニア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コロニア
Colonia
ウルグアイ南西端部,コロニア県の県都。首都モンテビデオの西北西約 150km,ラプラタ川に臨む港湾都市。正式名称はコロニアデルサクラメント Colonia del Sacramento。 1680年ポルトガル人によって建設されたが,のちスペイン人に占領された。ウルグアイでは珍しく多数の植民地時代の建築物が残る町で,旧市街は 1995年世界遺産の文化遺産に登録。近くに夏の保養地レアルデサンカルロスもあって,観光業が市の重要な収入源となっている。また豊かな農牧地帯を背後に控え,その商工業中心地としても発展。港からは農畜産物やその加工品などのほか,近くで採取される砂,砂利などを積み出す。首都と水路,鉄道,道路で連絡。ラプラタ川対岸のアルゼンチンブエノスアイレスとの間にフェリー水中翼船就航。人口1万 9077 (1985) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コロニア
colonia
古代ローマの植民市。前4世紀海岸防衛の目的でオスチア,アンチウムにおかれたのが最初。ローマ領域にあり,市民はローマ市民権を有したが,小規模で自治ももたなかった。別に元来ラテン諸市が建設したラテン植民市があり,ラテン同盟が解体 (前 338) してからもローマ人とラテン人によって建設されていた。これは,ローマ領外にあって規模も大きく,自治をもち,市民は植民市市民権を有していたが,ローマ市民権はもたなかった。ローマの拡大に伴い両者の区別はなくなった。グラックス兄弟のとき戦略上よりも政治上の目的で,無産市民,退役兵への土地割当てのために建設されるにいたる。イタリアの外へも,カルタゴ故地へのユノニア建設に始り,共和政末期から帝政初期にかけてはアフリカ,ヒスパニアガリアに数多く建設され,軍事的根拠地になるとともに,各地のローマ化を進めた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コロニア(Colonia)
ミクロネシア連邦、ヤップ島の町。同島東岸のチャモロ湾沿いに位置する。ヤップ州の州都。政庁舎・ホテル・銀行・港湾施設などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コロニア(Kolonia)
ミクロネシア連邦ポンペイ島北部の町。ポンペイ州の州都。1989年パリキールに遷都するまで同国の首都がおかれていた。ドイツ統治時代に建てられたポンペイ大聖堂の建物の一部や鐘楼が残る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

コロニア
2015年の映画。ドイツ、ルクセンブルク、フランス合作。監督:フロリアン・ガレンベルガー、出演:エマ・ワトソン、ダニエル・ブリュール、ミカエル・ニクヴィスト。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コロニア【Colonia】
ウルグアイ南西部,同名県の県都。人口1万9077(1985)。1680年にポルトガル人がノーボ・コロニア・ド・サクラメントの名で建設して以来,スペインとポルトガルが激しい争奪戦を演じ,1777年スペイン領と確定した。ラ・プラタ河口に面し,植民地時代からブエノス・アイレス市とモンテビデオ市を結ぶ中継貿易で栄えたが,近年は軽工業も発展。国内最古の都市で植民地時代の面影を伝える建物も少なくない。【松下 洋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

コロニア
ころにあ
coloniaラテン語
古代ローマ人の建設した植民市。ギリシア人のアポイキアが母市に依存しない独立した新しい市民権をつくりだすのに比べて、ローマ人のコロニアでは一定数のローマ市民が移住し、ローマ国家に依存したままローマ市に倣った共同体として定住する形態をとっている。紀元前4世紀ごろ、オスティアやアンティウムに市民屯田兵を入植させたのに始まり、その後、被征服地の都市領域の大半を占領して植民市が建設され、ローマの支配と文化の浸透の拠点をなした。元来はローマ市民植民市とラテン人植民市とに分かれ、前者はその住民が完全なローマ市民権を有したが、後者の住民は通商権と婚姻権が認められただけで、完全な市民権にあずかれなかった。やがて両者は外的、内的構成において事実上徐々に同化していった。法的地位の差異をとどめながらも、帝政期になると、コロニアは名誉称号的性格を強め、都市制度上の格づけにおいて最上位を意味するようになった。[本村凌二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コロニア
[1] 〘名〙 (colonia) 古代ローマ人の植民市。イタリア各地のほかアフリカ、コルシカ、スペイン、小アジアなどの被征服地に軍事・政治・文化的支配の拠点として建設された。
[2] (Colonia) ウルグアイ南部、ラプラタ川河口部の港湾都市。一六八〇年ポルトガル人によって建設。旧スペイン領。農牧業の中心地。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コロニア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コロニアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.