Rakuten infoseek

辞書

コルネリア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コルネリア
Cornelia
前2世紀頃在世したグラックス兄弟の母。スキピオ・アフリカヌス (大スキピオ) の娘。センプロニウス・グラックスと結婚。 12人の子供をもうけた。死後所領の経営と子供の教育に没頭。兄弟への影響力も強かったらしい。文才もあり,M.キケロの称賛を受けている。息子らの死後も社交界で活躍。娘センプニアはスキピオ・アエミリアヌス (小スキピオ) に嫁した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルネリア
Cornelia Knol
江戸時代の女性。平戸オランダ商館長 C.ナイエンローデと平戸の日本婦人スリシアの娘。 17世紀在世。 1633年父が死去すると異母姉ヘステルとともに商館に引き取られ,1636年暮れともにバタビア (ジャカトラ) に送られた。 1652年デルフト出身の東インド会社下級商務員 P.クノルと結婚,1670年までに4男6女をもうけた。夫は次第に昇進して上級商務員筆頭,経理部大尉にもなったが 1672年2月病死。コルネリアはその遺産で豊かに暮したが,1676年アルンヘム出身のバタビア市法務官 J.ビッテルと再婚,一時オランダを訪問したこともあるが,のち別居し 1687年息子コルネリス・クノル一家とオランダに渡航した。平戸に建立されたコルネリア像は,クノル家肖像画によらない創作である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルネリア
Cornelia
メテルス・スキピオの娘。前 55年 P.クラッススに嫁したが,前 52年ポンペイウス (大ポンペイウス) のとなる。夫に従いエジプトに渡るが,その死後イタリアへ帰った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コルネリア【Cornelia】
前180ころ‐前110ころ
ローマ共和政期の名門の女性。大スキピオの娘。グラックス兄弟および小スキピオの妻の母。若くしてティベリウス・センプロニウス・グラックスに嫁し,前151年の夫の死後も終生再婚せず,品位ある生き方を守り,子どもの養育に専念したため,ローマ女性の鑑(かがみ)とうたわれた。なおグラックス兄弟の改革に対する態度は史料的には明らかでないが,2人を誇りにしていたことには多くの証拠がある。【長谷川 博隆】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

コルネリア【Cornelia】
古代ローマの賢婦人。紀元前二世紀頃の人。グラックス兄弟の母。あなたの宝を見せてほしいとたずねて来た婦人に「子供たちが私の宝です」と答えた逸話が残る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルネリア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コルネリアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.