Rakuten infoseek

辞書

コルトナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コルトナ
Cortona, Pietro da
[生]1596.11.1. コルトナ
[没]1669.5.16. ローマ
イタリアの画家,建築家。本名ピエトロ・ベレッティーニ Pietro Berrettini。叔父のフィリッポ・ベレッティーニ,フィレンツェの画家バッチョ・チャルピに学び,ラファエロの作品にも多く学ぶ。 1612年頃からローマに行き,サケッティ家のために4点の大作『バッコスの勝利』 (1624頃,ローマ,カピトリーニ美術館) ,『サビニの女たちの略奪』 (1630頃,同) などを描き,ウルバヌス8世の寵を得てサン・ピエトロ大聖堂の壁画,パラッツォ・バルベリーニの天井画を描く。後者の『神の摂理とバルベリーニ家の権力の寓意』 (1633~39) の自由に飛翔する人物群像,巧みな「ソット・イン・ス」の技法などによって名声を確立した。 1647年以降ローマに定住しサン・ルカ・アカデミーの校長となり,声名の高いアトリエを主宰。そのほか,ナボーナ広場に面するパラッツォ・パンフィーリの通廊に描かれた「アイネイアス」を主題とする壁画 (1651~54) ,サンタ・マリア・デラ・パーチェ聖堂ファサード (1656~57) などが主要作品。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルトナ
Cortona
イタリア中部,トスカナ州アレッツォ県にある都市。フィレンツェ南東約 80km,エッセ川の右岸にある。市の歴史は古く,前7世紀頃エトルリアの要塞が建設され,前4世紀にはローマの同盟国となる。周囲を中世の城壁に囲まれ,前5世紀頃の城壁が現存。その他歴史を反映した建築物が多く,ジェズ聖堂,ゴシック様式建築を代表する聖フランチェスコ聖堂,聖ドメニコ聖堂などがあり,聖堂や美術館の多くは,アンジェリコ,L.シニョレリらの美しい絵画で飾られている。周辺は豊かな農牧業地帯。人口2万 2352 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コルトナ
こるとな

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルトナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コルトナの関連情報

関連キーワード

慶長の大地震カソボン慶長チャップマン写本とげぬき地蔵天文学史(年表)直江兼続治水利水施設群大阪北部の地震(2018)称念寺

他サービスで検索

「コルトナ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.