Rakuten infoseek

辞書

コリデール

デジタル大辞泉

コリデール(Corriedale)
羊の一品種。ニュージーランド原産で、毛肉兼用種顔面四肢が白く、体の部分は長毛で覆われる。日本で最も多く飼育。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

コリデール【Corriedale】
ヒツジの一品種。ニュージーランドで、メリノ種から改良された毛肉兼用種。雌雄とも角つのがない。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コリデール
こりでーる
Corriedale
哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。ニュージーランド原産の毛肉兼用の家畜ヒツジの1品種。19世紀後半に、メリノーの雌にイギリスの長毛種の雄を交配してできた雑種のうちから、優秀なものどうしの交配と繁殖を続けてつくられた。現在はメリノー‐リンカーン系がもっとも多い。体質は強健で、各種の気候風土によく適応し、粗飼料の利用性もよい。雌雄とも無角で、顔面と四肢は白く、体の部分は長毛で覆われている。体重は雄90キログラム、雌60キログラム前後で、羊毛は中等の毛織物の原料となり、羊肉生産性も優れ、肉質はきわめて良好である。ニュージーランドのほか、オーストラリア、アメリカ、日本などで多く飼育されている。なお、日本には1914年(大正3)に初めて輸入され、25年から毎年多数輸入され、現在では日本コリデールとして登録が行われている。[西田恂子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コリデール
〘名〙 (corriedale) の一品種。ニュージーランドでメリノー種と長毛種(リンカン種)とを交配してつくられた毛肉兼用種。体質強健で性質もおとなしい。チリとアルゼンチンで、多く飼われている種。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コリデール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コリデールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.