Rakuten infoseek

辞書

コミンテルン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コミンテルン
Comintern
共産主義インターナショナル Communist Internationalの略称。第3インターナショナル,第3インターとも呼ばれる。 1919年3月にモスクワに創設され 43年5月まで存続した各国共産主義政党の国際統一組織。第1インターナショナル (1864~76) ,第2インターナショナル (→社会主義インターナショナル,89~1914) の崩壊後,V. I.レーニンらは,第1次世界大戦中から,新しい第3インターナショナルの創設を目指して活動を続け,30ヵ国の共産主義諸政党あるいは革命的組織の代表五十余名をモスクワに集めて,19年3月2~6日,コミンテルン第1回大会を開いた。コミンテルンは,第2インターナショナルに比べ,はるかに強固な国際的団結と規律をもち,ソ連という社会主義国家を支柱とするにいたった。また民主的中央集権の組織原則をとり,コミンテルン執行委員会の指導のもとに活動することが定められた。 20年の第2回大会では,農業・農民問題および民族・植民地問題に関するテーゼが採択され,21年の第3回大会は統一戦線戦術への第一歩を踏出し,22年の第4回大会はこの戦術をほぼ確定した。 24年の第5回大会は左傾化し,各共産党のボルシェビキ化を強調し,28年の第6回大会はコミンテルン綱領を決定,さらに左傾化を強めた。 35年の第7回大会は,反ファシズム統一戦線の戦術を確立し,第2次世界大戦のもとで,反枢軸の統一戦線をつくり上げるのに重要な役割を演じた。 43年5月 15日,国内および国際情勢が複雑化し,各国共産党が著しく独立性を強めたため,コミンテルンは解散した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

コミンテルン
1919年に創立された共産主義政党の国際組織で、43年に解散。
(2008-11-11 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

コミンテルン(〈ロシア〉Komintern)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コミンテルン【Comintern】
戦間期から第2次世界大戦半ばにかけ国際共産主義運動に君臨した指導・統制センターであった〈共産主義インターナショナルCommunist International〉(ロシア語ではKommunisticheskii Internatsional)の略称。
【歴史】

[創設]
 労働運動,労働者政党の国際的組織化をめざす試みはすでに1840年代のヨーロッパにみられたが,その後労働運動の発展と社会主義政党の成長とともに,第一インターナショナル(1864‐76),第二インターナショナル(1889‐1914)が誕生した(インターナショナル)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

コミンテルン【Komintern】
〔Kommunisticheskii Internatsional の略〕
第三だいさんインターナショナル

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コミンテルン
こみんてるん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コミンテルン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コミンテルンの関連情報

関連キーワード

アルパン公共の福祉人類共通法センスス・コムニス

他サービスで検索

「コミンテルン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.