Rakuten infoseek

辞書

コポー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コポー
Copeau, Jacques
[生]1879.2.4. パリ
[没]1949.10.20. ブルゴーニュ,ボーヌ
フランスの演出家。パリの貴金属細工商の家に生れた。 A.ジッドに認められて文芸批評を行い,1909年『新フランス評論』 NRFの創刊に参画,その主筆となったが,11年『カラマーゾフの兄弟』の脚色をしたことから,演劇改革運動を決意,13年ビュー=コロンビエ座を創立,商業主義を排して芸術としての品位と純粋性をそなえた演劇を目指した。戯曲を重視するとともに,G.クレイグや A.アッピアの流れをくむ造型的で簡潔な演出によって主としてモリエールシェークスピアの作品で成功を収めた。第1次世界大戦後演劇学校をつくり,24年その生徒とともにブルゴーニュの田舎に引きこもり,理想の演劇の実現をはかった (→コポー一座 ) 。 36年コメディー・フランセーズの演出に参与,40年には監督に就任したが,ナチスの干渉を快しとせず翌年辞任,再びブルゴーニュに引きこもった。著書に『ビュー=コロンビエ座の回想』 Les Souvenirs du Vieux-Colmbier (1931) ,『民衆演劇論』 Le Théâtre populaire (41) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コポー(Jacques Copeau)
[1879~1949]フランス演出家俳優。演劇の商業化に反対し、演劇革新運動を展開、フランス現代劇の基礎を築いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コポー【Jacques Copeau】
1879‐1949
フランスの演出家。パリの工場主の家に生まれ,16歳から劇作を試みた。ソルボンヌに学んだのち,劇評家として認められ,1909年にジッドらと雑誌《NRFエヌエルエフ)》の創刊に参加。その後援で13年に小劇場ビュー・コロンビエ座を設立し,デュラン,ジュベらと共に演劇の品位の回復と商業主義からの脱却をめざし,シェークスピアやモリエールの現代的演出に成功したほか,マルタン・デュ・ガール,ビルドラック,ロマンなどの新進作家も見いだした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

コポー【Jacques Copeau】
1879~1949 フランスの俳優・演出家。文芸誌「 NRF エヌエルエフ(新フランス評論)」を創刊。ビューコロンビエ座を開設、フランス現代劇の基礎を築いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コポー
こぽー
Jacques Copeau
(1879―1949)
フランスの演出家、俳優。20世紀初頭のフランス演劇の革新者。パリに生まれる。ソルボンヌ大学に学んだが、早くから劇作、評論の筆をとり、ジッドを中心に創刊された文芸誌『NRF(エヌエルエフ)』の同人となる。1913年、この同人たちを後ろ盾にして、商業主義に毒され堕落した「演劇の再演劇化(芸術化)」を企て、ビュー・コロンビエ座(客席360)を創設する。彼の演出は、戯曲に内在する劇詩人の精神的生命を舞台に具体的に移すことと考え、まずテキストを尊重した。その具現化にあたっては、舞台芸術家クレイグとアッピアに影響され、簡素な常設の「裸の舞台」をつくって、シェークスピア、モリエール、メリメなどの作品の斬新(ざんしん)な演出をし、演劇運動を展開した。この運動はのちにデュラン、ジューベなどに受け継がれた。また、独自の演劇学校をつくり、俳優の教育にあたった。岸田国士(くにお)はここで学び、コポーの精神を日本の新劇運動に移そうとした。[加藤新吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コポー
(Jaques Copeau ジャック━) フランスの演出家、劇作家、俳優。ジッドらとともに「NRF(新フランス評論)」を発刊。小劇場ビュー‐コロンビエ座を創設し、演劇革新運動を展開した。著書「民衆演劇」、戯曲「生家」などがある。(一八七九‐一九四九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コポー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コポーの関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎森一生ボアボードランモース(Edward Sylvester Morse)おもなお雇い外国人ドッジ・ライン今井正木下恵介中国共産党

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.