Rakuten infoseek

辞書

コブハクチョウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コブハクチョウ
Cygnus olor; mute swan
カモ目カモ科。全長 140~160cm。全身白色でオオハクチョウに似るが,は橙赤色で,嘴の基部に黒いこぶ状の突起があり,眼先も黒い。幼は全身灰褐色で,嘴が黒く,こぶ状の突起はない。脚は黒,ピンク,灰色のものがいる。ヨーロッパのスカンジナビア半島南部やイギリスから中央アジア中国北部,ロシア南東部などに不連続に繁殖分布し,北部で繁殖する鳥は分布域の南部や中東,中国の沿岸海域に渡って越冬する。アメリカ合衆国やオーストラリア,ニュージーランド,南アフリカ共和国などに移入されて野生化している。おもに湖沼や河川に生息し,主食は水草。巣は浅瀬にを積み上げてつくる。日本では野生のものが迷鳥として 1度記録されたが,近年では動物園や公園で飼われていたものが逃げ出し,野生化している。ヨーロッパでは各地の湖沼で飼われ,半家禽化している。(→ガンカモ類

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

コブハクチョウ
ヨーロッパ西部、中央アジア、モンゴル、シベリア南部などに分布し、冬季は南に渡る。日本にいる種は、飼育されていた鳥が逃げ出して自然繁殖したもので、一年中同じ場所にいることが多いが、中には短い距離を渡るものもいる。オレンジ色くちばしの付けに、黒いこぶのような突起があるのが特徴。草の根や、水草などを食べる。
(2006-05-11 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

日本大百科全書(ニッポニカ)

コブハクチョウ
こぶはくちょう / 瘤白鳥
mute swan
[学]Cygnus olor
鳥綱カモ目カモ科の鳥。スウェーデン、デンマーク、ドイツ北部、ポーランドから中近東、モンゴル、東はウスリー地方までに自然繁殖し、イギリス、中部ヨーロッパでは半家禽(はんかきん)や再野生化したものが繁殖している。日本では野生のものは八丈島から迷鳥記録があるのみであるが、公園や都市の堀に放されているものが多い。餌(えさ)は水草などの植物性のものが多いが、昆虫なども食べる。全長約1.4メートルと最大のハクチョウで、目から嘴(くちばし)への三角部、鼻瘤(びりゅう)、嘴の端が黒く、嘴は橙(だいだい)色、足は黒いが淡色型もある。翼を背の両側に膨らませる美しい姿勢が特徴で、雛(ひな)はその中に入って運ばれる。この姿勢はほかのハクチョウにはみられずコクチョウとだけ共通で、その類縁を示唆するものと考えられる。[黒田長久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コブハクチョウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コブハクチョウの関連情報

関連キーワード

高血圧仮面高血圧高血圧患者のみかたマツコ・デラックスウエルター級簡易裁判所スーパーライト級審級東洲斎写楽赤ちゃんの世話

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.