Rakuten infoseek

辞書

コバルトグリーン

色名がわかる辞典

コバルトグリーン【cobalt green】
色名の一つ。JISの色彩規格では「明るい」としている。一般に、酸化亜鉛酸化コバルトを加えた顔料の、やや淡い緑色をさす。高温に加熱して作られる。18世紀に顔料や絵の具の色として広まった。現代でもポピュラーな色名で、化粧品、宝飾品寝具衣料品、キッチン用品、文房具塗料ベビーカーなど、幅広い分野で使われている。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コバルト‐グリーン(cobalt green)
酸化コバルトと酸化亜鉛から製する緑色顔料。また、その色。絵の具などに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

コバルトグリーン【cobalt green】
緑色顔料の一。酸化コバルトと酸化亜鉛からつくる。また、その顔料の明るい緑色をいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コバルトグリーン
こばるとぐりーん
cobalt green
緑色顔料の代表的なもの。1780年リンマンRinmannによりつくられ、リンマングリーンともいう。酸化コバルトCoOと酸化亜鉛ZnOとを配合するか、亜鉛とコバルトの水酸化物を共沈させ、1100~1200℃に加熱して得られる。色調を調節するため、酸化マグネシウムMgOを添加することもある。いずれの場合も、酸化コバルト‐酸化亜鉛(CoZn)O、酸化コバルト‐酸化マグネシウム‐酸化亜鉛(CoMgZn)O系ウルツァイト型固溶体で、代表的な4配位Co2+の吸収を示す。薄い酸やアルカリには不溶、しかし塩化アンモニウム、炭酸アンモニウム水溶液には溶ける。絵の具、プラスチックの着色に用いられる。[大塚 淳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コバルト‐グリーン
〘名〙 (cobalt green) 酸化コバルトと酸化亜鉛からなる緑色顔料。また、その色。炭酸コバルト(II)と酸化亜鉛、またはこれに炭酸マグネシウムを加え摂氏一二〇〇~一三〇〇度で焼成してつくる。下地の色を覆いかくす力が大きく、安定。絵の具、パステルなどに用いられる。
※若いセールスマンの恋(1954)〈舟橋聖一〉一「セルリアン‐ブルーをもっと明るくした地色に、濃いコバルト‐グリーンで、木賊(とくさ)を浮紋にした駒縒(こまよ)りお召のやうなものだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コバルトグリーン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コバルトグリーンの関連情報

関連キーワード

環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISX0208JISJISX0213JIS漢字水準旧JIS洗濯表示JIS X0221

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.