Rakuten infoseek

辞書

コハクチョウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コハクチョウ
Cygnus columbianus; tundra swan
カモ目カモ科。旧和名ハクチョウ。全長 115~150cm。オオハクチョウと比べると,外観は似るが,体が小型で,の基部の黄色部が小さい。植食性。ユーラシア大陸と北アメリカ大陸のツンドラ地帯で繁殖し,大陸ごとにそれぞれ別亜種に分けられている。越冬地は北半球の中緯度地方で,日本には冬鳥(→渡り鳥)としておもにユーラシア大陸の亜種 C. c. bewickii が渡来し,本州以南の湖や河川,湾内などに見られる。北アメリカの亜種,アメリカコハクチョウ C. c. columbianus も少数が渡来している。(→ガンカモ類

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コハクチョウ
こはくちょう / 小鵠・小白鳥
bewick swan
[学]Cygnus bewickii
鳥綱カモ目カモ科の鳥。ヨーロッパ、シベリアの北極圏で、追いやられた形でオオハクチョウより北方に繁殖し、温帯の湖沼に越冬する。日本での越冬地は北海道にはなく、秋田県の八郎潟、山形県の最上川(もがみがわ)、宮城県の伊豆沼、福島県の猪苗代湖(いなわしろこ)、新潟県の瓢湖(ひょうこ)、島根県の宍道湖(しんじこ)から鳥取・島根県の中海を主とする。オオハクチョウに比べ、全長約1.2メートルと小形で頸(くび)が短く、嘴(くちばし)の黄色は斜めの長方形で鼻孔で止まる。鼻の中央部には黒色があるが変異が多く、個体識別ができる。北アメリカのアメリカハクチョウC. columbianusは鼻の黄色がわずかに点状で、本種との区別は容易であるが、同種とされることもある。[黒田長久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コハクチョウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コハクチョウの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.