Rakuten infoseek

辞書

ココナッツ

デジタル大辞泉

ココナッツ(coconut)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ココナッツ
 ヤシ目ヤシ科ココヤシ属の植物であるココヤシ[Cocos nucifera]自体,もしくはその種子の果肉の部分を乾燥したもの.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館

ココナッツ

《栄養と働き&調理のポイント》


 ヤシ類は人類誕生のはるか以前、約1億2000万年前の白亜紀に発生したといわれています。熱帯から亜熱帯にかけて広く分布し、その仲間は225属、2600種にものぼります。
○栄養成分としての働き
 ココヤシの実がココナッツで、外・中・内の果皮があり、内果皮に包まれて胚乳(はいにゅう)と胚があります。ココナッツミルクはその未熟胚乳で、カロリー・脂肪とも少なく、カリウムが多いのが特徴です。牛乳のかわりにココナッツミルクを用いてエスニック風デザートにすると、低カロリーでダイエットにも最適です。
 一方、胚乳が白くかたまっている部分がココナッツで、飽和脂肪酸を主とした脂質が多く含まれ、エネルギー源となります。飽和脂肪酸はコレステロールや中性脂肪をふやすので、低血圧症の人に向きます。悪いイメージが強いコレステロールですが、不足すると血管がもろくなって脳出血が起こりやすくなったり、貧血の原因になったりします。ココナッツには、ほかにカリウム・リン・マグネシウム・鉄・亜鉛(あえん)などのミネラルと、たんぱく質も含有するので、病後の回復に最適ですが、胃腸が冷えて下痢(げり)をしやすい人は要注意。
 ココナッツの乾燥品はケーキの飾りに、ココナッツミルクはタイ料理やデザートに用いられます。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

大辞林 第三版

ココナッツ【coconut】
ココヤシの実。ココナット。ココナツ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ココナッツ
ここなっつ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ココナッツ
〘名〙 (coconut) ココヤシの果実。コプラ、やし油、やし酒などをつくる。〔舶来語便覧(1912)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ココナッツ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ココナッツの関連情報

他サービスで検索

「ココナッツ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.