Rakuten infoseek

辞書

コウシンソウ(庚申草)【コウシンソウ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コウシンソウ(庚申草)
コウシンソウ
Pinguicula ramosa; butterwort
タヌキモ科の多年草。関東地方北部の高山の岩壁に生える。葉の表面の多数の腺毛から分泌する粘液で虫を捕える食虫植物。ムシトリスミレ P. vulgarisに似ているが,これよりやや小型で花茎が分岐する点で異なる。葉は数枚が根生し,長さ3~5cmの狭卵形で先は丸い。6~7月に,長さ5~8cmの花茎を伸ばし,下部で2本に分れて先端に各1個の淡紫色の花を横向きにつける。花は一見スミレに似た左右対称形で長い距がある。初め栃木県の足尾近くの庚申山で発見されたのでこの名がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コウシンソウ(庚申草)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コウシンソウ(庚申草)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.