Rakuten infoseek

辞書

コイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コイ
Cyprinus carpio; common carp
コイ目コイ科の淡水魚。食用魚の一つであるが,飼育品種としてヤマトゴイ,ドイツゴイ,観賞用ニシキゴイ(→観賞魚)などがある。全長 60cm,まれに 1mをこえる。背面は緑褐色,側面は黄みを帯びた銀白色。鱗は円鱗で,鱗列により網目状斑紋を形成する。口辺には 2対の口ひげがある。雑食性。日本各地の河川湖沼に見られるが,各地の河川,湖沼に移殖が盛んに行なわれたため,天然分布と移殖による分布の区別がつけがたい。全世界に移殖され,野生化している。日本,ユーラシア大陸に分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

コイ
 [Cyprinus carpio].コイ科の淡水魚.体長40cmになる.食用,鑑賞用にする.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館

コイ

《栄養と働き》


 コイの別名「六々魚(りくりくぎょ)」とも呼びます。これは、体側のウロコが36枚あるとされることから、九九の6×6=36が由来です。
 大きさは800g~1kgのものを市場で見かけますが、出回っている約90%が養殖ものです。本来は川の下流や湖沼に生息します。長野県の佐久ゴイは身がしまっておいしいのですが、出荷量は多くありません。
○栄養成分としての働き
 コイは昔から妊娠中のむくみを改善し、産後の母乳の出をよくするといわれてきました。実際そのとおりで、鉄やマグネシウム、カリウム、亜鉛(あえん)、レチノールなどを含み、病後の体力回復や母乳分泌(ぶんぴつ)を促進するほか、利尿効果も期待できます。
 また、糖質のエネルギー代謝に欠かせないビタミンB1も多く含まれていることから、倦怠感(けんたいかん)がある場合や、食欲がない、イライラするといった症状に効果を発揮します。B1は脳や神経の機能を正常に保たせ、精神を安定させ、筋肉の疲労をいやす働きがあるためです。
〈肝は眼精疲労に、ウロコは痔に有効〉
○漢方的な働き
 漢方では、身以外の部分もさまざまに活用されます。
 たとえば、肝(きも)は眼精疲労(がんせいひろう)や目の働きをよくするために用いられますし、ウロコは痔(じ)の出血や鼻血を治す薬として使われます。
 また、血は子どものできものに外用として用います。
○注意すべきこと
 コイの身には、肝臓ジストマの幼虫が寄生していることがあるので、健康な人でも、できれば生食は避けたほうが無難です。「こいこく」など、十分に加熱したものを食べれば安心です。

《調理のポイント》


 コイの身は、赤身魚と白身魚の中間的な存在で、鮮度が低下すると臭みが生じます。ですから生きたコイを使うのが原則。
 12月~3月ごろのコイは脂(あぶら)がのり、身がしまっておいしい時期。鮮度の見分け方は、体色が鮮やかで、えらのきれいなものを選びましょう。魚の表面を見て、暗く灰色をしていれば天然もの、銀白色なら養殖ものといえます。
 コイは、調理の際に即死させるのが鉄則。なぜなら暴れさせると味が落ちるからです。また、胸びれの下あたりにある苦玉(にがたま)(胆のう)をつぶすと、にがみが全体にまわり食べられなくなるので、注意して取り除く必要があります。
 代表的な料理は、3枚におろして薄くそいでから、熱湯をかけ、氷水でさっと洗った、「あらい」が有名。酢味噌で食べると一層おいしさが引き立ちます。
 ほかには、ぶつ切りを味噌で煮込んだ「こいこく」や、甘露煮、味噌汁などがあります。
 中国では、2~3度から揚げにして甘酢をかけた糖醋鯉魚(タンツーリーユイ)という料理が有名です。
 妊娠中の女性は、エラや内臓をとったコイ1尾に対し、アズキ500gとひたひたの水を加え、弱火でやわらかく煮たものを食べると、アズキ(サポニン)との相乗効果で、むくみやつわりの症状を軽減できます。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

大辞林 第三版

コイ【Khoi】
アフリカ南西部のカラハリ砂漠に住む民族。体は全体に小柄。主に牛・羊を遊牧して生活する。ヨーロッパ人によって、ホッテントットと呼ばれてきた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コイの関連情報

他サービスで検索

「コイ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.