Rakuten infoseek

辞書

ゲーリケ

デジタル大辞泉

ゲーリケ(Otto von Guericke)
[1602~1686]ドイツの政治家・物理学者真空ポンプを発明。真空実験の「マクデブルクの半球」で有名。自由市マクデブルクの市長を務めた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゲーリケ【Otto von Guericke】
1602‐86
ドイツの物理学者,政治家。マクデブルクの名門の出身。ライプチヒ,ヘルムシュタット,イェーナ,ライデンの大学で法律,数学,築城術などを学ぶ。1626年帰郷とともに市参事会員となり,46年から30年間市長を務め,三十年戦争で破壊された市の復興に尽力し,市の自治権を守るために諸侯の間を奔走した。この職務の合間に彼は真空の存在を実証するため真空ポンプを製作して諸実験を行ったが,なかでも大気圧の強さを示したマクデブルクの半球実験(1657)は著名である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゲーリケ【Otto von Guericke】
1602~1686) ドイツの政治家・物理学者。マグデブルク市長として三十年戦争からの復興に努める。真空ポンプを発明。真空の研究はマグデブルクの半球実験などで有名。硫黄の球を摩擦して静電気を得た。 → マグデブルクの半球

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ゲーリケ
げーりけ
Otto von Guericke (Gericke)
(1602―1686)
ドイツの工学者、物理学者。マクデブルクに生まれる。ライプツィヒ、ヘルムシュタット、イエナで学んだのち、1623年ライデン大学に入り、数学・力学を修めた。故郷に戻って1626年に市会議員となったほか、市長を務める(1646~1676)など、三十年戦争の激動のなかで市政に活躍した。この間、市街が破壊され、各地を遍歴して工学者として活躍した時期もある。
 当時話題であった真空に関心をもち、実験に取り組み、1650年ごろ真空ポンプを発明し、それを用いて真空の実験研究を行い、空気弾性を発見、これらはその後、ボイルらによって発展させられた。1657年にはマクデブルクで、半球をウマに引っ張らせる有名な公開実験を行った。この実験をはじめ、彼の真空に関する多くの実験とそれに関する哲学的考察は、1672年に『真空に関するマクデブルクの新実験』にまとめられた。また、硫黄(いおう)球の摩擦実験を行ったことから、起電機の発明者とか電気学研究の先駆者にあげられることもある。ただし、この実験は、天体が磁気力によって相互作用をするという考えで行ったものであり、硫黄を含む金属球に摩擦で生じさせた静電気の効果を天体の力の証明としてとらえていたのである。宇宙と世界の無限についての考察もある。[高田紀代志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲーリケ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゲーリケの関連情報

関連キーワード

本願寺本願寺伝通院伝通院ホルオドンネルオランダ東インド会社イギリス音楽貝原益軒

他サービスで検索

「ゲーリケ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.