Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ゲル化【ゲルか】

精選版 日本国語大辞典

ゲル‐か ‥クヮ【ゲル化】
〘名〙 液体中のコロイド粒子が流動性をもっている状態から、粘度が増加し、流動性がなくなり膠化していく状態。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ゲル化
ゲルカ
gelation

寒天溶液などを冷却するとき,ゾル(sol)がゲル(gel)になる現象をいう.また,高分子物質の重合過程において,三次元網目状構造を形成し,不溶部分(ゲル)が生成することをゲル化といい,この変化の現れる点をゲル点という.たとえば,多官能性モノマーの重合あるいはポリ縮合,グラフト共重合などの反応では,生成高分子化合物が橋かけ反応を起こし,三次元網目状構造をとることが多く,このような構造の生成物は溶媒には膨潤するだけで溶けない.ゲル化の一般的な特徴としては,系のいちじるしい弾性増加,急激な粘度上昇などがあげられる.たとえばフタル酸グリセリン,不飽和脂肪酸から生成した不飽和ポリエステルは,多くの場合,三次元網目状構造をとりゲルとなる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲル化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゲル化の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.